旅行先でも体重を計ろう!超小さく乗りやすいDRETEC BS-127WT

今回は、コンパクトな体重計として定番の「KYOWA パーソナルミニスケール B5用紙より小さい体重計(130kgまで) PS-130WH ホワイト」と「DRETEC(ドリテック) ボディスケール ルミナール BS-127WT」を比較します。

 

リスペクト(尊敬)している人の一人は、No Second Lifeの立花岳志さんです。

立花岳志さんの興味深い話の一つと言えば、旅行先でも体重計を持っていくとの話です。

体重が増えやすいとのことで、おそらく体重計で計ることによりご自身の体重をコントロールしているのでしょう。

目的を実現するには、ストイックな所も必要です。

20160420r112

※AC写真で「体重計」と検索したら、いろいろな場面にあった写真がでてきました。すごいなぁ。詳しくは、「ブログの写真は、パクタソと写真ACを使うべし」参照。

体重が増えやすい私

私も体重が増えやすい一人で、体重計に頼らずやせようと思って感覚でチャレンジしたら、見事挫折しました。(T T)

3kgも増えていました。振り出しにもどって、毎日100g減を目指して頑張りたいと思います。

ちなみに、これはとてもいいです。

詳しくは、『ダイエットの必需品!体重データのクラウド化 TANITA RD-901-WH』を参照ください。

本題:旅行先でも体重を計ろう

これから本題です。旅先で使うには、小さな体重計が必要です。軽さや小ささで言えば、PS-130WHが優位ですが、使いやすさ・計量単位で言えば、BS-127WTが優位です。

PS-130WH BS-127WT
大きさ 11cm×21cm×2.4cm 13cm×22cm×2.4cm
重さ 399g 655g
計量単位 200g単位 100g単位
電池 単4形電池2本 単4形電池4本
備考 慣れればOK ぎりぎりの実用サイズ

今回は、BS-127WTを試した

私は、車での移動が多くなりましたので、重さよりも使いやすさを選択し、BS-127WTとしました。

Amazonのレビューを見るとPS-130WHは、乗りにくいとのことでしたが、BS-127WTは乗りやすいです。

最初の印象:超小さい

私が毎日愛用している TANITA RD-901-WHは、大きすぎて旅先に持っていく気にはなれません。

しかし、BS-127WTは、iPadに比べても超小さく、持って行っても邪魔になりません。

20160420r113

薄いです。

20160420r114

予め電池がついてくる

PS-130WHは、電池が別売りですが、BS-127WTは電池がついてきます。

20160420r115

乗りやすく見やすい

小さいので使いにくいのでは?っと思いましたが、全く心配不要。足の大きさ28cmの自分でも快適に使うことができました。

私の使用したイメージは以下のような感じ。安定して乗ることができます。

20160420r116

精度保障範囲

5kg~75kgまで±200g

75kg~150kgまで±300g

まとめ:超定番のPS-130WHよりBS-127WTが良い

実際に使うと、小さく・使いやすくてびっくりでした。価格もほとんど同じためBS-127WTの方がおすすめです。

オススメ:BS-127WT

とにかく小さいのが好きな方:PS-130WH

デバック用: FB:4 TW:1 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です