阻止しよう!半強制的なWindows 10アップデート

Windows 7とWindows 8を使っている方は、無償でWindows 10にできます。それが今、半強制的になることが話題になっています。

原因は、2016年5月11日に提供されたWindows アップデートです。適用すると半強制的にWindows 10になるように変更されています。

尚、恒久的な防止は、『簡単にできる!Windows 10への自動更新を防止する』を参照ください。

いままでは、閉じるボタンで回避可能

従来の画面。

20160524r07

閉じるボタンでは回避できない

まだ、検証しても再現できていません。複数のネットの情報を整理すると以下のようです。

Windowsアップデートした5日後に自動的にスケジュールが設定される。

その時間になると勝手にWindows 10になる。その時間を既に経過している場合は、電源を入れた15分後になるとのことです。

20160524r09

回避方法

タスクバーにあるWindows 10のロゴをクリックします。

20160524r10

「アップグレードの予定を変更または取り消し」をクリックします。

20160524r11

「予定の変更」をクリックします。

20160524r12

「アップグレードの予定を取り消す」をクリックします。

20160524r13

「アップグレードの予定を取り消す」をクリックします。

20160524r14

以上で、終了です。確認してみましょう。タスクバーにあるWindows 10のロゴをクリックします。

20160524r10

もとの状態になったことが確認できました。

20160524r15

まとめ:あと2カ月がマイクロソフトとの戦い(^^;)

無償でアップデートできるのは、あと2カ月です。マイクロソフトとしては、なるべく多くのパソコンがWindows 10になって欲しいようです。

個人的には、Windows 10でいいと思っています。ただ、それは個人の自由であって強制されるものではありません。

関連URL

簡単にできる!Windows 10への自動更新を防止する

恒久的な防止方法です。

 

 

デバック用: FB:0 TW:2 Po:3 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 2  このエントリーをはてなブックマークに追加