高価なiPhone Xにつけるケースは消去法でiFaceに落ち着く

安物買いの銭失いを繰り返しながらようやくiPhone Xのスマホケースが決まりました。

4つ目のケースで落ち着きそうです。

iFaceの存在を知った時の感想

iFaceの存在は、『わかったブログのiPhoneXにお勧めのスマホケース』で知りました。

正直、見た時の感想は、デカくてイマイチ。

デザインも私の好みではありませんでした。

他のケースを使ってわかった

他のケースを色々使いました。

【iPhone X】保護ケースAnker KARAPAX Touch

自分の求めるものとなんか違うんです。

シンプルしるからかな?っと思って次は、Anker KARAPAX Shieldを買いました。

でもなんか違う。シンプルすぎて安っぽいし、なんとなく違う。

迷走は続き『KYOKA iPhone X ケース』を買いました。

価格の割には良いのですが、激しく落とした時の信頼性が心配で使いまくる気にならないのです。

最終的にiFaceで落ち着く

万が一落とした時の耐衝撃性は重要です。iPhone Xがガラス部分が多く落としてヒビが入ったら凹みます。

液晶画面の大きさの割に小ささ本体が魅力で購入したiPhone X。デカイスマホケースに矛盾を感じますが、iFaceにしました。

iFaceはデザインの種類が豊富すぎる

iFaceと決めても悩みが続きます。(笑)

あまりにも種類が多すぎるのです。以下から探してください。

iFace iPhone Xの検索結果 - スマホ・携帯ケース/アクセサリー専門店!Hameeストラップヤ本店

結局、ROOT.COコラボのケースにしました。ROOT.COコラボになるとiFaceの中でも900円ほど高いです。

ストラップも検討している方はハンドリンカー

スキーをするときにiPhone X落とすとショックです。色々迷った結果22mmカラビアタイプ。平ヒモタイプを選択しました。

まとめ:迷ったらiFace

八方のインストラクターではiFaceを使っている方が多いです。

理由は不明ですが、こんど仲間に聞いてみよう(^^;)

実は、ハンドリンカーも同僚のインストラクターから教わりました。

デバック用: FB:0 TW:1 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加