【レビュー】picoPSU-160-XT + 192W 純正ACアダプター

超小型で高性能なパソコンを作る場合に、必須となる「picoPSU-160-XT + 192W 純正ACアダプター」を購入しましたのでレビューします。

picoPSU-160-XT + 192W 純正ACアダプターを購入するきっかけ

高性能な超小型パソコンを作るために、Core i9-9900で作りました。

当初は、以下の120Wで作る予定でしたが、容量が足りなくて無理でした。

 

わずかに足りないだけなので、120Wから150W出力にパワーアップすれば動くハズですが、30W未満の余力だと頼りないです。

30Wパワーアップするだけでアダプターの価格が3倍以上にアップします。

ACアダプター 12V 12.5A 150W出力 1年保証 パソコンショップaba
パソコンショップaba

 

そこで192Wを投入します。たかが192Wの電源なのに15,980円と私が破産しそうなぐらい高価です。これで動かなかったら、私がショック死するところでした。

無事に動作しました。良かったです。

picoPSU-160-XT + 192W 純正ACアダプター(12V,16A,ファンレス) + 4 pin mini-din jack(コネクター変換アダプター,ネジ付き) セット

 

picoPSU-160-XT + 192Wはヘビー級

120Wから192Wにパワーアップしたことで、4,179円から15,980円と出費が増えました。予想外の出費です。

picoPSUは、同じ160Wですが、ライト級からヘビー級になりました。

picoPSU-160-XTだと、一時的な負荷なら200Wまで耐えることができて常用が160Wまで可能とのことです。

写真だけだと伝わりませんが、4倍増です。

 

アダプターもバカでかい。もはやパソコン本体が超小型でも、意味がないような気もします。

 

嬉しい誤算もあり

配線は逆にすっきり

筋肉もりもりな方は、デカに反して、余計な線をすべて無くすことができます。

 

対して、貧弱な方は、物理的に余計な線を無くすことができません。

 

悲報:そのままでは付けられない

穴がアダプターの大きさしかないため、DIN4が大きすぎて入りません。蓋を閉じたまま使うことができません。

もしくは、線を切って半田付けをすることで、穴に通すこともできます。

 

穴あきのケースにしないと空冷がおいつかないことから、運用時は蓋を開けることにしました。

まとめ:超小型で高性能なパソコンを作る場合に必須

150Wで足りうようなパソコンなら良いですが、超えるような場合に必須になります。

Core i9-9900級の超小型パソコンを作る場合に検討をしてください。

デバック用: FB:0 TW:1 Po:2 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加