【レビュー】ATX12V(4ピン) → EPS12V(8ピン)電源変換ケーブルの効果について

自作PCのよくあるあるが、マザーボード側がEPS 8pinなのに電源コネクタがATX 4pinの場合です。

時間をかけて検証しましたので、結果を伝えます。

ATX12V(4ピン) → EPS12V(8ピン)電源変換ケーブルの効果

私が検証した結果、効果はなかったです。つけてもつけなくても結果は同じでした。

また、改善した報告がないため、効果がないと思っています。

 

大4ピン オス×2からEPSに変更しても良いとのことです。

 

検証環境について

高性能な超小型パソコンを作るために、Core i9-9900で作りました。

上記で作成したところ電源コネクタがATX 4pinでした。

起動して通常の操作ができますが、Cinebench R20を使うとリブートします。

結論として上記の120WでCore i9-9900は無理でした。

 

また、ATX12V(4ピン) → EPS12V(8ピン)電源変換ケーブルを投入しましたが、変わりません。

 

そこで600Wを投入したところ、Cinebench R20が完走しました。電源容量が足りないことが特定できました。

 

200Wのアダプターを投入する

ここで私が死にかけます。

今までは4,179円でした。

汎用ACアダプター120W 2,115円

zmart DC-ATX-160W  2,064円

 

わずかに足りないだけなので、120Wから150W出力にパワーアップすれば動くハズです。

30Wパワーアップするだけでアダプターの価格が3倍以上にアップします。6,500円。でも30W未満の余力だと頼りないです。

 

そこで192Wを投入します。たかが192Wの電源なのに15,980円と私が破産しそうなぐらい高価です。これで動かなかったら、私がショック死しそうです。

picoPSU-160-XT + 192W 純正ACアダプター(12V,16A,ファンレス) + 4 pin mini-din jack(コネクター変換アダプター,ネジ付き) セット

無事に完走しました。良かったです。

 

そこで両方の違いを試しました。どちらも完走して、スコアも同じです。

まとめ:Core i9-9900程度なら必要なし

Core i9-9900Kなら、危うい気がしますが、すくなくともCore i9-9900程度なら必要なしです。

ベンチマークをして問題がなければ、アダプターを使わずそのままご利用ください。

ただ、精神的な満足度を満たすためなら、使う価値があります。

デバック用: FB:0 TW:1 Po:2 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加