ルーターの配線を綺麗にする

ルーターの配線が沢山になって見た目が汚くなったので綺麗にしました。

 

以下のようにして改善しました。

 

無線LANルータには、アクセスポイントと4ポートHUBが内蔵しています。

アクセスポイントは、地面に置いても良いですが、高いところに付けた方が良く電波が飛びます。

私はオタクなので玄関と2階にアクセスポイントを置いて家の何処にいても快適に通信が出来るようになっています。

でも無線より有線の方が早いので、有線が使える環境では有線でつないでいます。

 

ルーターの設定を変更する

2台以上がネットワークを使うためには、ルーターは必ず1台必要です。

そのため1階のルーターを使っています。ルータは、アクセスポイントとしても使っています。

 

2階は、ルーターがある必要がないのでスイッチでオフにしました。

 

以上の設定で5本繋がっていたLANケーブルを1本のLANケーブルに出来ました。

 

 

HUBを購入しました

今回は、5ポートHUBを購入しました。私の製品は1800円でした。無償永久保証とのことで末長く使えそうです。

最大消費電力が2.3Wとのことで、普段はもっと少ないようです。

 

私が購入したのは、LS105Gです。

 

ハブは、何処につなげても動作は同じです。

ただ、理解しやすいようにインターネット側(上流)を1番に入れる文化があります。

2番以降をパソコンなどに繋ぎます。ちなみに1番は、一階のルータと繋がっています。

LANケーブルの長さは最高100mまで出来ます。

 

まとめ:HUBを使えばパソコンを何百台でもつなぐことが出来る

今回は、細かく書きませんが、何百台でもつなぐことが可能です。

使いこなすと楽しいです。

それだけではなく、今回のように配線をスッキリすることも可能です。

関連URL

ルーターのアダプターを延長する方法

 

配線を綺麗にしよう!綺麗にはがれる3M コマンド フック

 

干渉波自動回避機能を新搭載!WXR-1901DHP3【レビュー】

デバック用: FB:0 TW:1 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加