Windowsの画面をFire TV 4Kを使ってテレビに出力する

Fire TV 4Kを使ってワイヤレスでディスプレイを表示します。

Windowsには、「ワイヤレスディスプレイ」と言う機能が存在しています。

Macには、「AirPlay」が存在しています。

Fire TV 4Kを使ってワイヤレス出力するには、「ワイヤレスディスプレイ」か「AirPlay」を使います。

標準ではインストールされていないため、別途インストールして実現します。

前回は、「AirPlay/DLNA Receiver (PRO)」を使ってMacで実現したため、今回も本ソフト使ってWindowsで実現します。

必要な物(ソフトウェア)

AirPlay/DLNA Receiver (PRO) 318円

今回は、「AirPlay/DLNA Receiver (PRO)」を利用しました。

Fire TV 4Kで買うと318円です。

操作方法:Fire TV 4K:アプリをインストールする

今回は、「AirPlay/DLNA Receiver (PRO)」を利用しました。

最初の一回だけ、AirPlay/DLNA Receiver (PRO)をインストールする必要があります。

AirPlay/DLNA Receiver (PRO)

Fire TV 4Kで買うと318円です。

AirPlay/DLNA Receiver (PRO)

 

Fire TV 4Kの「ホーム」画面から「アプリ」に移動します。

 

マイクボタンを押したままでAir Playと叫びます。

 

AirPlayで検索すると、置くの方にあります。Google Playだと先頭にありますがAmazonだと後ろの方です。

 

AirPlayで決定ボタンを押します。

 

なぜか318円と安いです。自分は、500コインを持っていたので、無料で使えました。

 

なにかのイベントで500コインをもらえたようです。

 

まだ、良く分かっていませんが、ホーム画面のマイアプリ&ゲームで選択できるとのことです。

 

とりあえず、先頭にあるので起動しておきました。

※サービス(デーモン)としてバックグランドで起動するため、起動する必要はありません

Windowsで楽しむ方法

AirPlay/DLNA Receiver (PRO)は、AirPlayベースで動くソフトウエァのため、WindowsやAndroidで動かすためには、Sender側のソフトウェアをインストールする必要があります。

WindowsやAndroidで利用するため、『AirPinPcSender』をクリックします。

http://www.waxrain.com/buy_en.html

PC SenderのDownLoadをクリックし、実行します。

 

ダウンロードしたファイルを実行します。

「Install」をクリックします。

 

「Finish」をクリックします。

 

サウンドの出力をエミュレーションしているようです。

「Confirm」をクリックします。

 

サウンドドライバをインストールします。

「インストール」をクリックです。

 

ミラーリングをする

FireTVが起動している状態で、「^」をクリックし、AirPin PcSenerを右クリックし、「Mirror Screen to」を選択し、ご自身のFireTVを選択します。

 

以上で、無事出力することができました。

 

まとめ:画質はイマイチだけど、簡単にできる

初期値だと、画質が汚いです。でも簡単にできるので興味のある方は、お試しください。

デバック用: FB:0 TW:1 Po:1 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加