キーボード マウス

3つのBOLTレシーバー活用!3台のパソコンを効率よく操作する ロジクール

ロジクールのキーボードPOP KEYSおよびマウスPOP MOUSEにはマルチデバイス機能があり、ボタンを押すことで3台までのパソコンを切り替えることができます。

BOLTレシーバーは、11月11日発売。

POP MOUSEは、11月18日発売。

POP KEYSは、11月18日発売。BOLTレシーバー付。

MX KEYS MINIは、11月11日発売。

MX MASTER 3 for Business

MX ANYWHERE 3 for Business

3台まで切り替え可能。マウスの例。

 

キーボードの例

 

ずっとUnifyingレシーバーを活用してきました。

3つのUnifyingレシーバー活用!3台のパソコンを効率よく制御

 

近いうちにUnifyingレシーバーがLogi Boltレシーバーに置き換わることでしょう。

3台までのパソコンを1台のマウス・キーボードで操作できます。

しかもFlow機能を使えば、3台のパソコンをマウス1台で自由自在に移動することができます。

UnifyingとLogi Boltレシーバーは、互換性がないため注意が必要です。

Bluetooth接続の欠点

Bluetooth接続は、レシーバー不要で便利ですが、安定しないことも少なくありません。

当初端末側の原因かと思っていましたが、Bluetooth接続そのものが不安定なことが多いです。

  • 接続が途切れてしまう
  • 復帰に時間がかかる
  • 3台より多いと極めて煩雑

そこで従来の方法としてUnifyingレシーバーを使っていましたが、将来的にlogi Boltに代わることになります。

以下の機器には、Logi Boltのマルチデバイス機能がありボタンを押すことで3台までのパソコンを切り替えることができます。

  • POP MOUSE
  • POP KEYS
  • MX KEYS MINI

Logi Boltレシーバーに番号を付ける

Unifyingレシーバーを入れ替えすると、どれが何番か分からなくなるので、以下のように番号を振ります。

キーボードの番号とマウスの番号を合わせます。

 

Bluetooth接続の場合は、レシーバ不要です。Bluetoothの場合は、本体が何番かわからなくなるので、付箋を貼ってコントロールしています。

 

Logi Boltレシーバーとキーボード・マウスの番号を同じにする

ノートパソコンでUnifyingレシーバーと「キーボード・マウス」の番号をリンクさせます。

デスクトップで、同操作をすると設定の際にキーボードもマウスも使えなくなるので、ノートパソコン側にあるキーボードとマウスで設定します。

一度設定すれば、ずっと有効です。

Logicool Options』をインストールすると、Logi Boltソフトウェアもインストールされるようです。

11月16日にLogi Boltレシーバーが到着するので上書きします。

Logicool Optionsを各パソコンにインストールする

このままだと、手動でキーボードとマウスの番号を切り替える必要があります。

特にマウスは、本体の裏側にスイッチがあるので面倒です。

そこでLogicool Flowを使います。画面の端にカーソルを移動するだけで、番号が変わるようになっています。

 

両方のパソコンに『Logicool Options』をインストールします。

Macの使い勝手も良好でした。

 

すぐに認識しました。持っているすべてのマウス・キーボードを登録すると良いでしょう。

 

あとは、Flowの部分を設定します。

 

電波の飛びを良くする

鉄は電波を遮断(反射)しますが、木材は電波を通します。横につけると良いでしょう。

USBレシーバーの電波の飛びを良くする

まとめ:Logi BoltレシーバーとBluetooth接続を活用せよ

1組みのマウス・キーボードで、3台までのパソコンを操作できるメリットは大きいです。

ぜひ活用してください。

Logicool Flow対応機種を使って楽しんでください。

-キーボード, マウス
-

© 2021 PCまなぶ