Apple Pencil‎は手書きそのもの!

あまりにも値段が高いため、躊躇していたiPad ProとApple Pencil‎。

使うと、「凄いじゃないか!」と感動しました。

ペアリングを意識させない配慮

初めて使う時に、わざわざiPad本体で充電するApple Pencil‎は、イマイチだと思っていました。

しかし、使って納得です。

繋ぐと画面に表示がされている!

 

あとはペアリングを押せば、使えるようになります。他のBluetooth機器とスピーディーさが違います。スマートすぎる!

15秒の充電で30分の使用ができるとのこと。フル充電で12時間使用できるとのことです。

 

欠点もある

  • ふたを無くしやすい。
  • 普通に充電する場合は、アダプターを使う必要がり、ちょっと手間。
  • 15秒で30分使えると書いてあるけど、実際の使用時間は30分より短い。
  • Apple Pencil‎を無くしやすい。
  • 高価なペン‎なため、無くさないかドキドキする。
  • 何分で完全充電になるか記載がない

 

一番の難点は、使いこなすためのソフトウェアを何にするか決めること

ファイルの保存ならDropbox。日々のメモならEvernoteとデファクトスタンダードがあれば決めるのが簡単です。

しかし、Apple Pencil‎のデファクトスタンダードは、これから決まると言っても良いでしょう。

 

最大のメリットは、完全なペーパーレス化が可能になること

Apple Pencil‎の書き味は、手書きそのものです。

また、紙の手書きと違って戻るボタンで簡単に取り消します。

紙以上に構成が便利です。

デジタル機器での手書きの必要性が高まりそうです。

まとめ:Apple Pencilを活用すれば「手書きとデジタル機器」とのシームレス化が進む

問題は、どのアプリケーションを使えば良いかです。順番にレビューします。

  • Evernote
  • Note Always
  • MetaMoJi Note

 

デバック用: FB:0 TW:1 Po:0 B:1 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加