【レビュー】4K キャプチャーボードAVerMedia Live Gamer 4K GC573

パソコン環境のトラブルにより、期待した品質の画面キャプチャーができなくなったため、急遽キャプチャーボードを購入することにしました。

高価ではありますが、多くなってきた4K 60pができるボードを購入することにしました。

現時点で最良のキャプチャーボードのため、中途半端な価格のキャプチャーボードを何枚も買うよりは、良いと思います。

AVerMedia Live Gamer 4Kの特徴

4K HDR 60fpsに対応したボードが少ないため、嬉しい仕様です。

  • 4K HDR 60fpsの録画に対応
  • Full HDなら最大240fpsの録画が可能
  • パススルー端子搭載
  • 動画編集ソフトPowerDirector 15 for AVerMediaが付属
  • 内蔵型ソフトウェアエンコード方式キャプチャーボード
  • RGB LED搭載

内容物一覧

  1. LIVE GAMER 4K(GC573)本体
  2. HDMIケーブル
  3. PowerDirector 15 for AVerMediaダウンロードコード
  4. クイックガイド

 

ボード本体について

 

4K60p対応のため、ヒートシンクが付いている

 

ロゴの半透明な部分にRGB LEDがついています。

 

RGB LEDランプは、裏側にまで続いています。ここが光ります。

 

HDMIのパススルー対応のためINとOUT端子が1づつついています。

 

最初の作業について

マニュアルによると以下の手順です。

  1. キャプチャーボードの取り付け
  2. ケーブルの接続
  3. ソフトウェアのインストール

1.キャプチャーボードの取り付け

普通に取り付けるだけです。

PCI-Express Gen 2 x4です。

Full HDとは接続部が違います。

 

起動中は、赤く光ります。

 

RGB LEDのため、いい感じに光ります。

 

地味でも良いと思うのですが、作られた主用途がゲームのため仕方がありません。

3.ソフトウェアのインストール

『ダウンロード|AVerMediaアバーメディア』
https://www.avermedia.co.jp/download/

上記に移動します。

 

「GC573」をクリックします。

 

要約すると以下の二つです。

今回は、ソフトウェアをダウンロードして実行しました。

 

「次へ」をクリックします。

 

「次へ」をクリックします。

 

「次へ」をクリックします。

 

以上で、インストールが終わりました。

 

ファームウェアのアップデート

 

ファームウェアのアップデートの確認が自動的にされます。「次へ」をクリックします。

 

「更新を開始」をクリックします。

 

「シャットダウン」をクリックします。

 

無事、再起動したことろ、問題なくアプリケーションを起動することができました。

 

画質の比較

「DC-HC3PLUS」に付属している「DRECAP ISHIDUCHI」は、ソフトウェアがタコで左側の品質でした。

AVerMedia Live Gamer 4K GC573は、右側です。非常に綺麗です。

 

サードパーティーのアプリが未だに動かず

残念ながら、BandicamとアマレコTV4 Liveが動きません。

別途、調査して究明したいと思います。

 

気になるキャプチャについて

UHD以外は、大丈夫でした。

単なる4K映像は、出力できましたが、UHDになると上手くいきません。

 

4Kの場合は、分配器が必要

Fire TVのHDRコンテンツは無理ですが、4K画像以下のようにして対応可能でした。

Windows画面は、4Kであっても分配器すら不要。おそらくHDRでも可能だと思われます。

Fire TV - 4Kは、4K対応分配器 KanaaNが、あればキャプチャ可能です。

ただし、UHDコンテンツを再生すると、キャプチャ画面側が表示がされなくなってしまいます。

パススルーしたモニターには、表示されます。

分配器があると安心

いまいちよくわかっていませんが、以下の分配器があるとHDCP1.2コンテンツまでは、おそらくキャプチャ可能。以下の機器であってもHDCP2.2は、キャプチャ不可なんだと思われます。

良くわからないのが同じ4KであってもWindowsは、分配器が不要。Fire TV 4Kは、分配器経由なら可能な点です。

いずれにしても、違法行為はしないようにしてください。

まとめ:オススメの4Kビデオキャプチャーカード

定評のあるAVerMediaだけあって、日本語マニュアルもしっかりしており良かったです。

高い買い物にはなりますが、中途半端な製品を何度も買い直すより良いと思います。

デバック用: FB:0 TW:2 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 2  このエントリーをはてなブックマークに追加