第9世代CPUのバルクが登場!しかもSSD・メモリが大幅下落中!Core i9-9900K 8コア16スレッド最大5GHz

1.5カ月程で、いろんなパーツが大幅に安くなっています。

そこで情報をアップデートしてみました。

 

インテルのCPUがiシリーズになって第6世代までライバルがいなくなり、進歩が少なかったCPU市場。

ライバルのAMDが元気になったことにより第7世代から、インテルも本気を出すようになりました。

CPU市場が面白くなった第7世代から第9世代までの移り変わり

第7世代 Core i7 7700K 4コア 8スレッド 4.20 GHz 最大 4.5GHz

第8世代 Core i7 8700K 6コア12スレッド3.7GHz 最大4.7GHz

第9世代 Core i9 9900K 8コア16スレッド3.6GHz 最大5GHz

発売予定日は10月20日(土)でした。

CPUについて

i9になって価格は高めで6万5千円程度でしたが、バルク品も登場しています。

バルク品だと若干安く6万1千円程度です。楽天・アマゾンには今のところ、バルク品はないようです。

Core i7-9700Kは、6コア/6スレッド49,880円

Core i5-9600K」は、4コア/4スレッド34,662円

Core i9-9900K 8086K BOX
CPU 8/16 6/12
定格クロック 3.6GHz 4Ghz
最大クロック 5Hz 5Hz
TDP 95W 95W
L3キュッシュ 16MB 12MB
メモリ DDR4-2666 DDR4-2666
価格 6万5千円程度 4万5千円程度

いずれも、第8世代より速くなっています。

例えば、Core i7-9700KならCore i7-8700Kより1割程度早く、Core i5-9600KならCore i5-8600Kよりも若干早いです。

DDR4メモリがさらに値下がり中

さらにホットなニュースが、DDR4メモリとSSDが値下がり中であることです。

例えば超定番のDDR4 CORSAIR DDR4-2666MHz

まだまだ割高感がありますが、ピークは完全に過ぎました。

ちなみに私は、この赤いメモリを16GB+8GB=24GBで使っています。

1カ月半で2000円程安くなっています。

SSDが値下がり中

DDR4よりも価格下落が激しいのはSSDです。

2TBのSSDで39,980円程度です。私がメインで使っているSSD

1カ月半で5000円安くなりました。

 

もちろんM.2も値下がり中

M.2は、サムスンの1強なので価格低下は難しいですが、今後に期待です。

脅威のスペック(読書速度)と同様に値段が高いですが、その割に体感的に速くならないそうです。無理して買う必要はないでしょう。

こちらも1.5カ月で5000円ほど安くなっています。34,800円です。

Z370⇒Z390へグレードアップ

今回は、珍しく第8世代と第9世代のCPUとマザーボードに互換性があります。

Wi-Fiがチップセット内に収まったことにより安価に無線LANができます。

  • 第8世代プロセッサと第9世代プロセッサを搭載可能
  • Intel Wireless-AC 802.11acとBluetooth 5.0をサポート
  • Intel Wireless-AC Adapterをサポート
  • USB3.1 Gen2ポートをサポート(5GB/s⇒10GB/s)

まとめ:今年度最高の買い時

今年は、i7-8086Kと言うマイナーアップグレードがありました。

僅差だったため、新たに購入するには微妙でした。

今回は、大幅なバージョンアップに加え、SSDやメモリも大幅な値引き傾向です。

興味のある方は、ご利用ください。

 

デバック用: FB:0 TW:3 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 3  このエントリーをはてなブックマークに追加