【Windows 10】「かな入力」を無効にする

入力している最中に、誤って[Alt]+「カタカナ/ひらがな」キーを押してしまい、入力モードが「かな入力」に代わってしまう場合があります。

「かな入力」は、ひらがな56文字のキーの場所を覚えることが煩雑なこと。記号の入力ができなく入力が困難であることから、ほとんど使われません。

2019年3月に開始される大規模アップデートでは、日本語入力が大幅に改善されて、簡単に「かな入力」を無効にすることができます。

従来のOSでも、同様に設定をすることが可能です。

操作方法:現在のバージョン(2019年春より前)

「A」を右クリックして、「プロパティ」をクリックします。

 

「詳細設定」のボタンをクリックします。

 

「全般」タブをクリックし、キー設定の右側の「変更」をクリックします。

 

一番したにスクロールして、「ローマ字」を選択し、「削除」をクリックします。

 

操作方法:2019年春以降

タスクバーにある「A」または「あ」を右クリックし、「設定」を選択します。

 

「全般」をクリックします。

 

「かな入力/ローマ字入力をAlt + カタカナひらがなローマ字キーで切り替える」をオンにします。

まとめ:トラブルを未然に防ごう

2019年春から、日本語入力が大幅に改善されます。

今から楽しみですね!

デバック用: FB:2 TW:2 Po:0 B:1 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 2  このエントリーをはてなブックマークに追加