DVDFab 拡張ダウンロードサービス(Extended Download Service)とは

DVDFabの製品をカートに入れて購入処理をすると、拡張ダウンロードサービス(Extended Download Service)がカートに入ります。

日本語だと馴染みのない言葉です。必要な物なのでしょうか?

※ゴミ箱のマークで拡張ダウンロードサービスを除外できます

拡張ダウンロードサービスとは

拡張ダウンロードサービス過去のバージョンのソフトウェアをダウンロードするサービスです。

私は、購入の必要がないと思っています。なぜから最新バージョンを使えば済むことだからです。

一度購入すると、購入した全商品に対して有効なようです。

また、プライム会員になると自動的に「拡張ダウンロードサービス」が付与されます。

この拡張ダウンロードサービスを利用すると、歴代のメジャーバージョンとマイナーバージョンの双方を網羅的にダウンロードできます。

「それは何ですか?」の原文

本サービスにより、ご購入のDVDFabソフトウェアの特定のバージョンを再インストールする必要がある場合、メンバーセンターで拡張ダウンロードサービスオプションから、マイナーバージョンまたはメジャーバージョンのどちらでも、ほぼすべての公式リリースの旧バージョンをいつでもダウンロードできるようになります。本サービスを購入しない場合、新しいバージョンがリリースされると、ご購入の旧バージョンのDVDFabをダウンロードできなくなります。ただ1139円で無制限に公式リリースの旧バージョンを自由にダウンロードできます。

利用方法

通常なら不要なサービスですが、どのような物かを説明するために利用法を明記します。

DVDFab』にアクセスします。

メニューにある『メンバー』ボタンをクリックします。

 

「拡張ダウンロードサービス」を選択し、「拡張ダウンロードリンクをチェック」をクリックします。

 

OSを選択します。WindowsかMacを選びましょう。

 

商品類を選びます。プライム会員だと、さまざま製品がダウンロードできることがわかります。

 

月に2回以上のペースでバージョンアップをしますので、様々な種類が手に入ります。

まとめ:過去のバージョンが欲しい方に

拡張ダウンロードサービスは、オススメされている割に不要なサービスだと思っています。

通常なら、購入しないで大丈夫です。

プライム会員になると自動的に付与されます。どちらかといえば、勝手についてくるイメージが私にはあります。

関連URL

【まとめ】DVDFabを使ってDVD・ブルーレイディスクをコピー・リッピング

デバック用: FB:0 TW:1 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加