レビュー DVDFab ムービーサーバー 設定編

DVDFab ムービーサーバー 購入から到着まで』の続きです。

HDDを入れて電源を入れましょう。配線不要です。入れるだけで大丈夫です。

 

コンパクトでここまで楽な製品は珍しいです。

 

電源スイッチがあります。「O」が切るで、「I」が電源を入れるです。

 

ACアダプタです。

 

リモコン。反応は良いです。

押すと光ります。

 

単四電池の付属は、ありません。

別途準備してください。

 

電源を入れるとHELLOが表示されます。

 

設定が終わると時間に変わります。

 

初期の起動画面です。

「日本語」次へ

 

DVDFabは、有線を推奨しています。素直にしたがって有線を意味する「インターネット」を選択しました。

 

とりあえず初期値にしました。「接続」です。

 

「テレビに接続する」を選択しました。

 

一番上がHDMIからの音声出力だと思います。選びました。

 

手動でアクティブにしました。

 

メールアドレスとパスワードを入力して「アクティブ」です。

 

無事にログインが出来ました。

 

無念にもHDDを入れ忘れていました。

シャットダウンしてHDDを入れました。

 

起動をすると、「アップデート」の画面が表示されました。リモコンの「OK」です。

 

1時間待たされて99%です。

 

ドロイド君が表示されました。Androidベースのサーバーです。

 

バージョンアップしたようで、もう一回同じ作業をするハメに。

同じ作業なので、操作の説明は割愛します。

背景色が変わっています。

 

この背景色は、液晶の故障っぽいのでやめて欲しいです。

 

同じ設定を繰り返します。

 

旧バージョンでは、DVDFABでも出来ましたが、手動しかなくなっています。

確かに、2つあると混乱するので、旧バージョンであるDVDFab 10の表記がなくなって良かったです。

 

同様に再設定です。

 

無事に再認証が終わりました。

 

データベースの更新が始まりました。ちなみに私のHDDは、空です。ここから1時間まっても変化がありません。

「スキップ」で次の画面に移動します。

 

最初は、2回設定させられたり、上記でフリーズしたりしてイライラしましたが、すぐに使い方がわかってきました。

使いこなせると楽しいです。

現在、苦戦中です。もうしばらくお待ちください。

まとめ:慣れると楽しめる!

とてもしっかりしたハードウェアで、さすがDVDFabです。

今日は、ここまで!別途、使い方について記載します。

上手く鑑賞出来ません。原因を調査中です。

 

デバック用: FB:0 TW:1 Po:1 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加