Windows

製品版 Windows 11を新規インストールする

2021年9月24日にWindows 11 Insiderビルド22000.194のISOが配布されました。

製品版もビルド22000.194で同じです。

おすすめUSBメモリ

2本で1050円と安く。オタクっぽい所が好きです。

公式ページからインストールする

以下のながれで実施します。

  • Windows 11の互換性を確認する
  • インストールUSBメモリを作成する
  • USBインストーラーから起動
  • インストールする

Windows 11の互換性を確認する

Windows 10がすでに入っている場合は、互換性を確認してください。

詳しくは、『Windows 11の互換性を確認する(駄目な時の改善方法を含む)』をご覧ください。

 

インストールUSBメモリを作成する

Windows 11 をダウンロードする - Microsoft』に移動します。

「Windows 11 のインストール メディアを作成する」の「今すぐダウンロード」をクリックします。

 

「同意する」をクリックします。

 

「次へ」をクリックします。

 

「次へ」をクリックします。

 

「次へ」をクリックします。

 

以上でUSBメモリ作成は終了です。お疲れさまでした。

USBインストーラーから起動する

新規にインストールする場合は、本体に挿すだけで大丈夫です。

既にOSが入っていると、HDDから起動してしまいます。

BIOSを起動し、USBから起動するようにしましょう。

電源ボタンを押して、DELキーを押します。

20161224r76

そして、「ブートメニュー(F8)」を選びます。

20161224r77

起動オプションが表示されますので、フラッシュメモリを選択します。

20161224r79

無事、起動することが出来ました。

20161224r80

 

新規インストール

Windows 8以降のメーカー製PCの場合は、BIOSにプロダクトキーが入っています。プロダクトキーは、自動認識です。このためHomeとProの識別は自動的に行われます。

そのままWindows 7以降のプロダクトキーが使えます。お得な気分になりますね!
メーカー製PCでWindows 7の場合は、本体のどこかにプロダクトキーのシールが貼ってあります。

Windows 11 Homeをインストールする方法

Windows 11 Proをインストールする方法

 

Windows Insider Program経由で製品と同じ物を手に入れる方法

無料で体験できますので興味のある方は、お試しください。

以前は、DVDを使ってOSをインストールしていましたが、今は自作のインストールUSBメモリを使ってインストールするのが一般的です。

ISOファイルは、DVDファイルの元となるファイルですが、USBメモリに保存して使うこともできます。

今回は、安価なUSB媒体を使ってインストールDVDならぬインストールUSBを自作します。

動画版を作りました。まずは、こちらをご覧ください。


尚、ISOファイルの入手方法は、以下の通りです。

Windows 11 / 10インサイダープレビュー版

Windows 10 製品版

 

8GB以上のUSBメモリを準備してください。

お持ちでない方は、1つ買いましょう。好きなデザインのUSBメモリを購入してください。

USB3対応のメモリが良いでしょう。高級なメモリを使っても、インストール時間はさほど変わりません。

※過去にUSB2のメモリと高速なUSB3のメモリとのインストール速度差を計測しましたが、さほど変わりませんでした💦

20161224r75

 

作業の流れ

一つ一つの作業は、簡単です。

  1. Windows 11の互換性を確認する
    ※すでにOSが入っていて確認できる場合のみ
  2. Windows Insider Programに参加(未参加の方のみ)
  3. Windows 11 22000.194 Beta(ISO)ファイルのダウンロード
  4. UBメモリの作成
  5. USBインストーラーから起動する
  6. 新規インストール

1.Windows 11の互換性を確認する

Windows 10がすでに入っている場合は、互換性を確認してください。

詳しくは、『Windows 11の互換性を確認する(駄目な時の改善方法を含む)』をご覧ください。

 

2.Windows Insider Programに参加(未参加の方のみ)

Windows Insider Program に参加する』をクリックし、「Windows Insider Program に参加する」を選択します。

 

右クリックして「日本語に翻訳」しました。「登録」クリックします。

 

「今すぐサインイン」をクリックします。

 

「私はこの契約の条件に同意します。」にチェックを入れます。

「今すぐ登録」をクリックします。

 

「今すぐ飛行」をクリックします。

 

4.USBメモリの作成

製品版の場合は、マイクロソフト純正のツールによりインストールUSBを作ることもできます。詳しくは、『簡単ですぐできる!windows 10 インストールDVD作成方法』を参照ください。

Windows 11 Insider Preview版は、ISOの提供こそありますが、インストールUSBを作成するツールが提供されていません。

そこで今回は、インストールメディアを作成できる「Rufus」を使って実現します。

Rufus - 窓の杜ライブラリ』に移動します。

「窓の杜からダウンロード」をクリックし、実行しましょう。

20161224r71

以下のように操作します。

1.インストールするUSBを選択します。慎重に選択してください。

2.ISOファイルを指定します。

3.「スタート」ボタンを押します。

 

終わりのメッセージはないです。96.3%までは一気に2分ほどで進みますが、残りは15分ほどかかりますので気長に待ってください。

緑のゲージが一杯になったら終了です。

20161224r74

5.USBインストーラーから起動する

新規にインストールする場合は、本体に挿すだけで大丈夫です。

既にOSが入っていると、HDDから起動してしまいます。

BIOSを起動し、USBから起動するようにしましょう。

電源ボタンを押して、DELキーを押します。

20161224r76

そして、「ブートメニュー(F8)」を選びます。

20161224r77

起動オプションが表示されますので、フラッシュメモリを選択します。

20161224r79

無事、起動することが出来ました。

20161224r80

 

6.新規インストール

Windows 8以降のメーカー製PCの場合は、BIOSにプロダクトキーが入っています。プロダクトキーは、自動認識です。このためHomeとProの識別は自動的に行われます。

そのままWindows 7以降のプロダクトキーが使えます。お得な気分になりますね!
メーカー製PCでWindows 7の場合は、本体のどこかにプロダクトキーのシールが貼ってあります。

Windows 11 Homeをインストールする方法

Windows 11 Proをインストールする方法

まとめ:DVDディスクから卒用しよう!

いままで仮想OSを多用していたため意識することは少なかったですが、DVDよりも便利です。新規にインストールする場合は、活用ください。

オススメフラッシュメモリ

とにかく安価!マニアっぽい所が好きです。東芝ロゴも含めて6本持っています。

-Windows
-

© 2022 PCまなぶ