パソコンはCore i5 9400でも十分に快適

2016年9月25日にはじめてのi7デビューをしました。「Intel Core  i7-6700K」は今でも快適です。

今、 「Intel Core  i7-6700K」と同等の性能は、Core i5 9400です。

AMDならAMD Ryzen 5 3600です。「Intel Core  i7-6700K」よりも性能が良くなります。

 

私は、Photoshopを毎日使って写真の加工をしています。

そんなハードな使い方をしても、「Intel Core  i7-6700K」で十分です。

 

2016年9月25日まで、様々なパソコンを触ってきましたが、i7を触ったことはありませんでした。

ついに、その時がきました。

※今は、Mac mini Core i7 8700を中心に使っています

20160915r68

パソコンのランク

パソコンは、以下のようにランク分けされています。。

  • Core i9 ( 超高性能 )
  • Core i7 ( 高性能 )
  • Core i5 ( 一般向け )
  • Core i3 ( 安価なCPU )
  • Pentium ( i3より低機能&低価格 )
  • Celeron (廉価版 )

同じ世代のi7でもTDPによって、性能がかなり違います

CPUの世代によっても違います。例えば第7世代のi7 7700kのコア数は、4つなので第6世代のi7 6700kとの性能差はわずかです。

しかし、i7の第9世代になるとコア数が8つなりますので、性能が大幅に向上します。

i7は高性能だからいいと思われていますが、そんなお金があったらSSDなど別の部品に優先的に使った方が、体感速度は速いです。

私は、i7に使う予算をSSDに使っていたためデビューが遅くなりましたが、実用面を考えるなら賢明です。

装置の分類

機器は、以下のように分類できます。

  • 中央演算装置(CPU)
  • 記憶装置(メモリ)
  • 補助記憶装置(HDD/SSD)

一番大切なのが補助記憶装置(HDD/SSD)

昔と違って、一番最初に検討すべきが、補助記憶装置です。もっとも体感速度が変わる部分です。

1TBのSSDが1万円程度です。

 

今は、2.5インチよりもM.2型がインパン的です。NVMeは、SATAのSSDよりもさらに高速です。

Intel CPUなら、Samsung SSD 970 EVO Pluが最速です。

二番目に大切なのが記憶装置(HDD/SSD)

メモリは、二番目に大切です。体感的に変わりやすいところです。今は、メモリが安いです。

Photoshopなどを使うなら32GBです。ゲーマーなら16GBで十分です。

最後に重要になってくるのが中央演算装置(CPU)

投資したメリットを感じにくいのがCPUです。しかし、例外的にRAW現像はCPUに依存します。かなりスムーズになりました。

これも優先的に、補助記憶装置と記憶装置に投資をして、最後に実施したためと言えます。

変更前

Core i3-6100付属のCPUファン。まだまだ、子供です。

20160915r69

変更後

スリムマスターという、オタク界の中では、小さなCPUファンです。それでもびっくり。

20160915r70

Adobe Photoshop Lightroomの動きが大幅に改善

モッサリが普通になりました。この動きをサクサクにするのが最後の仕事。GPUの交換です。

GPUは、GTX1060を選択しました。これで、Adobe Photoshop Lightroomもサクサク動くハズです。

20160915r71

消費電力は変わらない

気になる商品電力ですが、変わりません。普段は、39W~45W程度。

Adobe Photoshop Lightroomを動かすと85W程度まで上がりますが、i3と同じ程度です。

まとめ:正しい知識で超快適になる

ノートパソコンの方は、ディスプレイとキーボードを変更してみてください。

劇的に作業効率が変わります。

今なら、4Kディスプレイがお安くなったのでオススメです。私も使っています。

デバック用: FB:0 TW:0 Po:1 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 0  このエントリーをはてなブックマークに追加