iPhoneの画面をテレビに出力する

とりあえずは、ブログ収入だけで食べています。

繰り返しになりますが、現在50万PV。月の収入は70万円です。

※出費も多いのでギリギリです

ブログ収入だけでは心配なため、Youtubeをはじめました。

ITスキルを活用し稼ぐことをテーマに情報発信しています。

質問には100%答えますので、チャンネル登録をお願いします。

YouTube PCまなぶ

 

 

実例からまなぶ

プロのYoutuber達は、パナソニック GH5Sを使っています。

パナソニックからの1万5千円のキャッシュバックがあるため、241,686円-15,000円で226,686円でプロの環境が手に入ります。

最短コースを目指すなら購入すべきところでしょう。

 

私は、23万円が無駄になるリスクを取りたくありません。

収益化するだけでも、最短で3カ月。人によっては2年かかります。

そこまで待てるほど余裕はありません。

 

そこで今回は、手元にあるiPhone 11 Proを使って撮影してみました。

私のような駆け出しYoutuberには、ベストだと思っています。

 

iPhoneの画面を見るのは厳しいので、本機を使ってモニターを見ながら撮影します。

Lightning HDMI iphone HDMI変換 ケーブル

とてもコンパクトです。

ケーブルの長さは、実用性を考えて長めの180cmです。

 

本機を、モニターとUSB端子に接続すると以下の画面が表示されます。

ファームウェアアップデートも「Drong Cast」アプリによりできるようです。

 

あとは、Lightning端子をiPhoneに接続するだけで大丈夫です。

信頼しても良いか聞いてくるので、「はい」を押してください。

たったこれけで、iPhoneの画面がテレビに表示されます。

 

肝心のカメラ撮影になると...

なぜかカメラアプリだけ横になりません。

他のブラウザなどは、横にすると横長に写してくれるのですが、カメラアプリだけが例外です。

 

5種類のカメラアプリを試しましたが、全滅でした。orz

すべて縦画面で表示されます。とても謎な作りです。

何処が写っているか確認はできるので、頭の体操と思ってやるしかないです。

 

4K 60Pだと、動画の無線転送に時間がかかる

動画を撮影したあとは、Dropboxを使って無線で転送していますが、結構時間がかかります。

もし、Full HD 30pで良ければ1/8くらいの情報量になるので、どちらを使うか悩みどころです。

30秒の動画でも4K 60pだとDropboxへのアップロードに2分ほどかかります。

まとめ:標準カメラアプリがイマイチだけど使える

とても安価で充電をしながら使うことができます。

実際に撮影した動画も添付しますね!

Full HD 30p

4K 60p

 

D7200 30P
※4K撮影ができないことが発覚
見てほしいところだけ、フォーカスできるのが良いですね!さすが一眼レフ

デバック用: FB:0 TW:1 Po:5 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加