3つのUnifyingレシーバー活用!3台のパソコンを効率力制御する

ロジクールのキーボードMX KeysやマウスMX MASTER 3には、マルチデバイス機能がありボタンを押すことで3台までのパソコンを切り替えることができます。

 

3台までのパソコンを1台のマウス・キーボードで操作できます。

しかもFlow機能を使えば、3台のパソコンをマウス1台で自由自在に移動することができます。

Unifyingレシーバーを入れ替えすると、どれが何番か分からなくなるので、以下のように番号を振ります。

キーボードの番号とマウスの番号を合わせます。

 

Bluetooth接続の場合は、レシーバ不要です。Bluetoothの場合は、本体が何番かわからなくなるので、付箋を貼ってコントロールしています。

 

Unifyingレシーバーとキーボード・マウスの番号を同じにする

ノートパソコンでUnifyingレシーバーと「キーボード・マウス」の番号をリンクさせます。

デスクトップで、同操作をすると設定の際にキーボードもマウスも使えなくなるので、ノートパソコン側にあるキーボードとマウスで設定します。

一度設定すれば、ずっと有効です。

Logicool Unifyingソフトウェア」をインストールし、起動します。

 

接続したい機器の接続番号(1~3)を設定し、電源をオフにして「次へ」をクリックします。

 

このタイミングで機器の電源をオンにします。

 

キーボードの電源をオンにした場合は、以下のメッセージになります。

入力できることを確認し、「はい」⇒「次へ」を押します。

 

もう一つマウスの接続しましょう。「別のデバイスをペアリングする」をクリックします。

 

同様に操作をして、マウスの設定ができました。

 

以上で設定は、終了です。レシーバーの数だけ設定します。

 

Bluetooth接続先とキーボードとマウスの番号を同じにする

Bluetooth接続の場合は、3秒ボタンを押すことでペアリングできます。

 

ボタンをポンポン押して番号を合わせます。番号が本体と合ったら3秒押しします。すると素早い点滅になってBluetoothのペアリングモードになります。

 

Logicool Flowを各パソコンにインストールする

このままだと、手動でキーボードとマウスの番号を切り替える必要があります。

特にマウスは、本体の裏側にスイッチがあるので面倒です。

そこでLogicool Flowを使います。画面の端にカーソルを移動するだけで、番号が変わるようになっています。

 

両方のパソコンに『Logicool Options』をインストールします。

Macの使い勝手も良好でした。

 

すぐに認識しました。

キーボード(Craft)もマウス(MX Master 2S)も3台まで認識できるため、上手く登録すると良いでしょう。

 

あとは、Flowの部分を設定します。

まとめ:UnifyingレシーバーとBluetooth接続を活用せよ

1組みのマウス・キーボードで、3台までのパソコンを操作できるメリットは大きいです。

ぜひ活用してください。

Logicool Flow対応機種を使って楽しんでください。

マルチデバイスに対応したマウス・キーボード

安価なキーボード。

 

Unifyingにも対応。個性的なキーの形だが、Amazonの評価は高め

 

高価なクリエイター向けキーボード。私もメインで使っているけど2万円は高すぎ。

高価なプログラマ・エンジニア向けキーボード。

 

手の大きい人向け。2年前に発売したもの

手の大きい人向け。発売仕立て!

 

手の小さい人向け。

 

デバック用: FB:0 TW:1 Po:5 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加