その他

【レビュー】高性能 ビデオ録画 & ストリーミング ソフトウェア Logicool Capture

Logicool Captureならクロマキー・水平反転・垂直反転もできます。

 

早速、3台のWebカメラを使って試してみました。

そもそもLogicool Captureとは

Logicool Captureとは、ビデオ録画 & ストリーミング ソフトウェアのことです。

以下の中から2つの組み合わせで動画を作ることも可能です。

  • カメラ
  • ディスプレイ・ウィンドウ(アプリ)

対応OS・環境について

  • WindowsとMacに対応
  • 細かく決められていますが、ざっくりとなら以下のとおり
    30フレーム CPUは、第7世代 i5以上
    60フレーム CPUは、第8世代 i5以上
  • USB 3.1 Gen 1以上

対応ウェブカメラ

ロジクールの中でも上位グレードのカメラのみ対応しています。

  • C920 HD PRO
  • C920s HD PRO
  • 1080P PRO STREAM
  • C922 PRO STREAM
  • C922X PRO STREAM
  • STREAMCAM
  • STREAMCAM PLUS
  • BRIO 4K PRO
  • BRIO STREAM

クロマキーにも対応

緑・青の背景を透過できます。

水平・垂直反転に対応

左右反転して撮影してくれます。

ダンスの撮影に便利です。

機能説明

主な機能について説明します。

 

「⇒1」・「⇒2」で入力するソースを選択できます。

カメラを選択した場合には、以下のようにきめ細かく設定できます。

クロマキー・反転機能が嬉しいです。

 

カメラに対してディスプレイの設定は少なめです。

 

エフェクトです。ここでは、透かし・テキスト・シーン効果・境界線の色を設定できます。ロジクールのアカウントにログインしないと、使えるフィルタは限られます。

「トランジション」とは2画面のレイアウトを変更したときの「画面切り替えエフェクト」です。カーソルをボタンに近づけるとどんなエフェクトかイメージできます。

 

あとは、見るだけで創造できる操作ばかりです。

 

使用するマイクを変更できます。

 

ショートカット一覧です。クリックすることで変更できます。

 

全ての機能を使うには、ログインする必要があります。

まとめ:Windows 10標準アプリより100倍いい

Windows 10標準アプリのカメラは機能が弱く、使用したいカメラを変更することすらできません。

対して、本アプリは、ほとんどのことができます。しかし、アプリケーション側によって上位グレードのカメラしか使えなく制限をかけています。

せめて1台上位グレードのカメラを接続すれば、もう1台は免除されるような優しさが欲しいと感じました。

 

-その他

© 2020 PCまなぶ