その他

4Kにも対応!ミニHDMI・マイクロHDMI端子は、100円で解決できる

ミニHDMI・マイクロHDMIは、100円で解決

引き籠りの私は、いつもAmazonで買い物しています。

ふと、100円ショップに行ったら4Kも対応したMini HDMIからHDMIに変換コネクタが売っているではありませんか。

HDMIケーブルには、様々な種類があります。それぞれのケーブルを買うと大変なことになりますが、2つの変換コネクタを持っていると省スペースで解決できます。しかも100円と安いです。

 

きちんと4K対応です。

今回は、変換コネクタだけなので、HDMIケーブルが別途必要です。

動画も作りました

良かったらご覧ください。今後、より有益な情報を提供するためにお手数ですがチャンネル登録をお願い致します。

HDMIの種類について

  • Micro HDMI
  • Mini HDMI
  • HDMI

Raspberry Pi 4 は、Micro HDMI

ビデオカメラ・一眼カメラは、Mini HDMI

上記の変換ケーブルを使えば解決ですが、知らないとどんどんケーブルが増えていきます。

また、極めて省スペースのため、ケーブルの紛失に備えて備蓄するのも手です。

変換コネクタさえあれば、HDMIケーブルなら見つかりやすいので、なんとかなるでしょう。

 

Micro HDMIのテスト

Raspberry Pi 4で検証しました。Raspberry Pi 4からHDMI端子が、マイクロHDMI形式に変わりました。

わざわざマイクロHDMI端子を買わなくても、100円で解決できるので助かります。

ケーブルが干渉してギリギリセールでした。

ただし、デュアルモニターで使いたい場合は、干渉して使えません。別途ケーブルを買うか後述の変換コネクタが必要です。

 

Mini HDMIのテスト

ケーブルの干渉問題はおそらくないです。問題なく表示も出来ました。

ニコン D7200を使って検証しました。

※D780は、この写真の撮影のため不参加。

 

まとめ:干渉する可能性があり完璧ではない

変換コネクタが100円で提供されていることに驚きました。

下の製品だと干渉問題もありません。適材適所で使うことが大切ですね。安価に対応する方法として100円ショップの変換コネクタがあることを抑えておくと良いでしょう。

 

 

-その他

© 2020 PCまなぶ