その他

Z50必須⁉Nikon リモコン ML-L7 レビュー 5秒で切断問題を解決する

Z50は、リモートコードが使えません。

従来の赤外線リモコンも変えないため別途専用の機器を購入する必要があります。

ML-L7は、花火撮影等の手振れ防止には必須になります。

定価は4950円と高価ですが、販売価格は3300円と高いか安いか良くわからない価格です。

 

接続に3秒 切断は数秒

Bluetoothのため接続には、3秒ほどかかります。

恐ろしいことに使おうと思うと既に切断されています。

謎が解けました。画面表示は10秒。シャッター半押し30秒です。

わずか数秒でリモコンが使えない理由

上記の10秒を見て少なくとも10秒は接続されると思ったら大間違いです。実際にリモコンが操作できるのは5秒程度です。

  1. 画面表示※これでリモコンが接続できるようになる
    ※これで仮に2秒経過したとします
  2. リモコンとカメラを接続。 3秒は必須
    ※これで合計 5秒経過
  3. 5秒でカメラの電源が落ちてリモコンと切断される
    ⇒振り出しに戻る
  4. 次の接続には、カメラのボタンを押して復旧。リモコン接続 3秒

試しに以下のようにしました。

電池はCR2032

CR2032を使用していて、電池が入っています。

透明な保護フィルムをひっこぬいて、使います。

我が家では、車のキーと同じ電池で、結構使います。以下のように10個まとめて購入して備蓄しています。パナソニック製なので安心です。4個は既に使っています。

電池の寿命は1年間です。(毎日200回の撮影信号を送信した場合)

使用推奨期限2024年11月 パナソニック CR2032×10個 498円 送料無料

安いですが、到着までに2・3日かかるので備蓄したいところです。

 

リモコンボタンの説明

覚えるべきは、下の電源ボタン。Bluetoothのため、1分間で省電力モードになります。

その際には、1秒ほど押しましょう。

登録も簡単

Z50から設定をすると簡単です。「リモコン(ML-L7)設定」でOKボタンを押します。

 

「リモコンの登録」を選択します。

 

リモコン側の電源ボタンを3秒以上押します。

 

以上で、リモコンがZ50に登録されました。

 

Fn1とFn2は、カスタマイズできます。初期値を覚えていると便利。

 

バルブ撮影にも対応

シャッターボタン2回押しでした。1回目押しシャッター解放。2回目押しシャッター閉じる

 

スマホとは排他接続

両方同時にBluetooth接続ができません。

 

連写はできない

残念ながらできないようです。

 

ランプの意味について

マニュアルを見なくて良いように明記します。

状態 内容
約1秒間隔で点滅 ペアリング済みカメラを検出中
約0.5秒間隔で点滅 ペアリング中
約3秒間隔で点滅 カメラと接続されている状態
オレンジ 1回点滅 静止画撮影開始
オレンジ 2回点滅 静止画撮影終了
1回点滅 動画撮影開始
2回点滅 動画撮影終了

まとめ

スマホでリモコン代わりになれば最高だと思いますが、オートモードが使えないなど、謎の仕様があります。

出来ないことを言っても意味がないので、改善されることを期待しつつ、改善されるまで、本リモコンを使用しましょう。

-その他
-

© 2020 PCまなぶ