Windows

音声以外の音をAIで簡単除去 NVIDIA RTX Voice

動画版を作りました。

 

私のメインパソコンは、『ZOTAC GAMING GeForce RTX 2060 SUPER AMP』を使っています。

YouTubeをしていて困ったのが、周りの騒音です。掃除機の音であったり、生活音が絶えません。

「RTX Voice」アプリを使えば簡単に音声以外の音を除去できます。

最適な用途について

エアコン・扇風機を切る必要もなく、ちょっとした生活音も気にしなくて良くなります。

ゲーム実況
⇒キーボードの入力音を完全除去

オンライン会議
⇒様々な生活音を除去してくれる

YouTubeナレーション録音
⇒いきなりの雑音も除去してくれる
エアコン・扇風機をつけたままにできる

必要な環境について

NVIDIA GeForce RTXまたはQuadro RTXグラフィックスカードが必要です。

※非サポートながら裏技を使うことでGTX 10シリーズでも出来るとのことです。

実現方法について

RTX Voiceをインストールすると、仮想化されたマイクとスピーカーが作成されます。

多くのアプリでは、マイクとスピーカーが選択できるため選択することで実現できます。

 

インストール

NVIDIA RTX Voice: Setup Guide』にアクセスをして「Download the App」をクリックし、アプリをダウンロードして実行します。

 

「同意して実行する」をクリックします。

 

「閉じる」をクリックします。

 

「マイク」は、予想どおりの使い方です。

「ヘッドホン」側は、少し違いました。

 

Input(マイク)の設定について

「マイク」は、説明が不要なくらい素直な使い方です。

①録音したいマイクを選択します

②チェックを付けるとノイズを除去します

③何%除去するか設定できます。通常は100%で良いと思います。

 

Output(ヘッドホン)の設定について

ヘッドホンは、特殊な使い方です。

①ノイズ除去をするかしないか関係なく、出力したいスピーカーを選択します

そうしないと音がでません。

②通常は、チェックを外して使います。

もし、チェックを付けると、音声以外の音を除去しようと頑張ります。

歌も面白くなりますが、イマイチな除去です。

本来の使い方は、音声録音済みのノイズを除去したいときです。

音声録音済みのファイルを再生して、キャプチャーソフトで録音することになります。

③何%除去するか設定できます。通常は100%で良いと思います。

 

インストールしたアプリは、サービスとして「RTX Voice」が登録されているのでタスクバーから呼び出せます。

 

普通のアプリなので、スタートボタンから呼び出すことも出来ます。

「NVIDIA RTX Voice」

 

試してわかったこと

実用性は高いです。

  • ノイズ除去の能力は高い
  • 歌をノイズ除去してもイマイチ(高い声や低い声も除去しようとする)

 

まとめ:画期的なノイズ除去

RTXのグラフィックカードが必要なため、ハードルが高めですが、持っていればぜひ試したい機能です。

ゲーム実況との親和性も良いので、ぜひお試しください。

 

-Windows

© 2020 PCまなぶ