2020年度の目標:100万PV/月を目指す

2016年1月30日に執筆した「2016年度の目標:100万PV/月を目指す」を修正しました。

 

正直なところ、33万PVでも家族をやしなえます。また、昔と違ってアクセス数を伸ばすのは難しくなっています。

私の私論ですが、アクセス数を伸ばすとの同じくらい重要なことは、1PVあたりの単価を増やすことです。

Google広告による収入は、1PVあたり0.3円ですが、チリツモで頑張れば1PVあたり2円も可能です。

※私の実績からの計算

具体的には、Google広告・Amazonアフィリエイト・楽天アフィリエイトと他にも沢山のプチ収入を得てトータル的な収入を大きくします。

 

 

私の現在のPVは、36万PV/月です。およそ収入の半分を機材に投資したいと考えています。

10万円/月は、税金で払います。(国民の義務です)

 

2020年度の目標:100万PV/月を目指す

収入の主軸は、ブログです。ちなみに私の主な収入源は以下のとおりです。

  • ブログ

プチ収入は、以下の通りです。

  • HP作成
  • スキーインストラクター
  • パソコン教室

20160129r54

ブログ収入を主軸にする理由

ブロガーは自由です。一度経験すると、なかなか別の業務はできなくなります。ブログには以下のメリットがあります。

  • 安定して収入になる
  • 好きな時間に作業ができる
    時間に束縛されない
  • 好きなことだけに集中できる
  • 頭の中が整理できる
  • 備忘録になる

ブロガーのリスク

ブロガーの収入は、一般的にアクセス数で決まります。

アクセス数は、Googleの検索による流入がほとんどです。Googleの検索からはじかれると収入は、激減します。

正直、Googleに嫌われる。具体的には、SEO的なペナルティを受ける=IT業界での死刑と同じことです。

※あくまでもブロガーの場合です

 

現在のGoogleの検索は、人間の思考に近い結果となっていて、いきなりはじかれることは少なくなっています。

ブロガーの収入の一つに商品を紹介して生計をたてる方法があります。以前は、Amazonが強力な収入源でした。しかし、4年前の改悪によりAmazonからの報酬が1/3にまで激減しました。Amazonからの収入減が痛いです。

楽天とか他のショップがアフェリエイトに力を入れています。例えばAmazonが1/3になっても、楽天が10倍(Amazonと同レベル)になれば、同じ収入にすることができます。楽天のアフィリエイトは、2019年度は、2倍ぐらいにまでアップしています。

※Amazonの収入に比べると、1/6ぐらい

ブログのアクセス数を100万PV/月へ

今は、36万PV/月の中堅ブロガーです。これだけの数値があれば、6年前まで超ウハウハでした。

Amazonからの収入減によりAmazon収入だけで家族を養えなくなりました。

それでも、36万PV/月あればブログ収入で家族を養えます。

専業化したので本業に集中します。

  • 執筆時間を2倍にする
  • お金をかける
  • 執筆技術を磨く

HP制作は、お客様が必要としている

HP制作は、お客様が必要としているため注文を頂けます。4年前は、長野市体育協会様に納品させて頂きました。お客様が喜んでいる姿を見ると自分も嬉しいです。

HP制作の目標は、お客様の期待にこたえることです。あと2件抱えています。期待以上のものを納品したい。

長野市体育協会 http://www.nagano-taikyo.jp/

20160129r11

 

2018年4月に作成した『樹木屋

大変好評です。

樹木屋 | 枝下ろし・枝透かし・伐採などの木登り作業専門

 

ホームページの質が低い物が多い

ホームページを見て損をしているなぁと感じることが多々あります。

知識がないために無駄な出費や努力を見かけます。

・無駄に高い維持費を支払っている
⇒月々500円程度が妥当と思っています

・高いお金を支払って無駄なHPを作っている
⇒ここで重要なのは、値段ではなく費用対効果。
参照されないHPを作る方が多いです。

・一人で苦労してHPを更新している
⇒今どきのHPは、ワープロ感覚で誰でも更新できるのが主流です。組織であれば複数人が対応できると安心です。

・苦労して作ったけど運営が出来ていない
⇒作ることが目的になって参照されないHPが大半です。
私の場合は、HPを作るだけでなく更新できるようになるまでを実施しています。

・スマホで快適に見られない
⇒HP作成業者であれば簡単にスマホ対応できます。怠っている業者が多い。

自らの営業はしない

ホームページ作成は、口コミで注文を頂いています。自分から営業をするつもりはありません。

今は、営業しても売れない時代と言われています。

今は、口コミが有力な営業です。自分自身を営業するほど説得力のないことはありません。

運動不足解消にスキーインストラクターとマラソン

SAJの公認インストラクターです。
白馬のスキースクールで、子供から大人まで教えています。
お客様が上達する姿を見るのは嬉しいです。

 

冬だけだと、運動不足になるのでフルマラソンをやっています。

 

インストラクターとしての質を高めるのが目標

・SAJの正指導員になること
※現在は、SAJ 準指導員です。
・テクニカルに合格すること

中級レベルまでにスキーを教えるには、テクニカルは不要です。

しかし、生徒さんにかっこいい滑りを魅せるには、テクニカル以上の実力が必要です。

テクニカルを目指すには、無駄な贅肉(10kg)を落として、やわらかい質の良い筋肉をつける必要があります。

ハードなトレーニングとストレッチが必要不可欠です。

パソコン教室の開催

私は、2001年からマイクロソフト公認のインストラクター(MCT)です。

パソコン教室を本業にするつもりはありません。準備が大変だし時間も拘束されるし重労働です。

もっとも重要でもっとも軽視されがちなのが教育です。

IT教育も例外でなく、どの企業も力をいれて行っていません。その副作用で不効率に作業をしている人が多いのが現状です。

目標は、スマートに

目標は、SMARTにすると良いとされています。

目標の作り方にはSMARTの法則というのがあります。
下記の内容の頭文字を取ったものです。

-----------------------------------
Specific  = 具体的、わかりやすい
Measurable  = 計測可能、数字になっている
Agreed upon = 同意して、達成可能な
Realistic  = 現実的で結果志向
Timely  = 期限が明確、今日やるなど
-----------------------------------

●SMARTの法則では、目標は「がんばります」ではなく具体的に数字で表現します
腕立てを10回、毎日やります」のようにいいます。
わかりやすい説明だったのでそのまま引用します。

腕立てをやります=具体的
10回やります  =数字になっている
本気です     =本人が納得している 他人が決めたものでない
10回        =現実的・・・100回やりますだと現実的でない
毎日        =期限がわかる・・・今日中になど

●SMARTの法則では

具体的な数字になっていることが特に重要です。
そして、人にやらせる目標でなく自分でする目標であることです。

SMARTの法則を使って、まず「数字で話す、期限をつける」から始めましょう。

SMARTの法則を意識して

数字で話し始めるだけで組織は変わります。定性的でなく定量的にします。

曖昧な表現で「大丈夫です」と言い切る方が多いです。それでは相手が不安になります。

社会では相手を説得して安心感を与えることが重要です。飛躍した内容ではなく、自分の身の丈にあったことを5W2H(5W1H) で話しましょう。

まとめ:ブログのアクセス数を100万PV/月へ

9月から本業であるブログに集中します。

  • 執筆時間を2倍にする
  • お金をかける
  • 執筆技術を磨く

100万PV/月を目指して頑張ります!

デバック用: FB:0 TW:2 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 2  このエントリーをはてなブックマークに追加