Windows

超簡単!スマホをWebカメラにする(iVCam編)

動画版作りました。


iPhone AndroidをWebカメラにすることができます。Webカメラがなくてもスマホを使ってテレビ会議(Zoom / Team)ができます。

Windowsのみの対応です。

MacにはEpocCamがあります。

スマホをWebカメラにするメリット

  • 高騰しているWebカメラの代替えになる
  • USB接続ができる(充電しながら使える)
  • Webカメラの無線化ができる
  • 高画質が実現できる
  • 好きなアングルで撮影できる
  • 純粋なWebカメラとして扱われる
    カスタマイズ自由

スマホをWebカメラにするデメリット

  • 毎回スマホを準備するのが面倒
  • ディスプレイの上に設置するのは困難
  • Webカメラは、1,800円で購入できる
  • 無料版だと透かしが入る

USB接続の注意点

iPhoneの場合はiTunesが必要です。iTunesをインストールすると必要なドライバーが入ります。

Androidの場合は、各スマホに対応したドライバーが必要です。

価格について

無料版だと、広告が表示されて透かしが入ります。

スマホ ライセンス

スマホアプリは、無料で複数のパソコンに接続できます。

Apple App StoreまたはGoogle Playストアから購入します。

iPhoneは、1220円。

Androidは、1080円で購入できます。

パソコン ライセンス

パソコンは、iPhoneまたはAndroidフォンから無料で接続ができます。

$ 9.99で購入できます。

ソフトのインストールについて

スマホとパソコンにそれぞれインストールする必要があります。

iVCam - Use mobile phone as a PC webcam | E2ESOFT』をクリックして各該当するアプリを選択します。

Windowsアプリについて

本ソフトウェアは、アプリケーションを閉じてもサービスとして動います。

起動すると以下のように表示されています。

 

スマホ側がインストールされていれば以下のように表示されます。

iPhoneアプリについて

もし、パソコン側にアプリをインストールしていないと以下のように表示されます。

 

iPhoneの画面

パソコン側にアプリがインストールしてあるとスマホ側に以下のように表示されます。

 

Windowsでカメラアプリを起動した画面

純粋なWebカメラなので、どのアプリでも動作します。

 

パソコン側でもスマホ側でもアプリでカスタマイズができる

カメラのマークを押すと、超広角・広角(標準)・望遠・インカメラに変更できます。

左右反転、上下反転、フラッシュの有無などきめ細かく操作できます。

まとめ:Webカメラとして優秀

有線もできるのですが、無線で十分なので試すのを辞めました。

無料で評価もできるし、価格も妥当なものだと感じました。

興味のある方は、お試しください。

-Windows

© 2020 PCまなぶ