Photoshop CC 「互換性を優先」は、再表示をオフにすべし!

これは凄いぞ!Adobe CCが44%OFFでついてくる教材』で述べたように、この教材は凄いです。

学んでいて1点気になった点がありました。

「互換性を優先」は、「当然ありで保存しましょう」とのことです。

20161015r39

互換性を優先しないメリットは、2割ほどファイルサイズが小さくなる

互換性を優先する理由は、違うバージョンや他のアプリでも、開くことができるようにです。

わざわざ聞いてくるので、「互換性を優先しないメリット」があるのではないかと思います。

実習で使った960px × 640pxの画像で検証してみましょう。

「互換性を優先」あり 2,463KB

「互換性を優先」なし 1,992KB

20161015r56

一番の弊害は、ダイアログボックをの「OK」を押す時間の無駄

古いPhotoshopを使うことは滅多にありませんが、ファイルの空き容量が潤沢にある現代において、「互換性を優先」あり にした方がスムーズだと思います。

よって、時間と体力を節約するためにも「再表示しない」にチェックを入れるのが正しいやり方でしょう。

20161015r41

再設定の方法

「編集」⇒「環境設定」⇒「ファイル管理」を順にクリックします。

20161015r43

「PSDおよびPSBファイルの互換性を優先」から「常にオン」を選択し、「OK」ボタンを押します。

20161015r44

まとめ:「互換性を優先」はあり、「再表示しない」にチェックを入れる

いつもグーグル先生にお世話になっています。Photoshopの説明も、少しずつ充実しています。嬉しいことですね。

「互換性を優先」は、検索してもイマイチだったので書いてみました。

デバック用: FB:1 TW:1 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です