Pontaカードをスマホでも使えるようにする

ふと油断をすると財布がカードで一杯になります。

今回は、Pontaカードをアプリ化することでPontaの物理カードが不要になります。財布の中をスッキリさせましょう。

Pontaカードの複写について

今回の作業によりデメリットはないと思っています(たぶん)。Pontaカードをアプリに複写しよう!

  • 作業は3分ほどでできる。
  • 仕組み上、複数端末もOK(スマホの買替後も安心)
  • アプリに登録してもカードもそのまま利用できる
  • 現在のポイントがわかる
  • スマホを買い替えても手間はほとんどない

実現の流れ

実現の流れは以下の通りです。比較的スムーズにできます。

  • Pontaカードアプリのインストール
  • メール送受信確認
  • 会員登録(リクルートID)
  • ポンタカードの引継ぎ

操作方法

4ステップで行います。

Pontaカードアプリのインストール

『Ponta公式アプリのホームぺージ』に移動します。

パソコンで上記を参照している方は、QRコードをカメラアプリで撮影します。

 

スマホなら直接タップします。

 

「入手」をタップします。

メール送受信確認

最初にメールの送信確認があります。

 

会員登録(リクルートID)

リクルートIDが必要です。

リクルートIDを使うとリクルート社の様々なサービスを利用することができます。リクルートは、「じゃらん」とか「スーモ」とか無意識にサービスを利用していますね!

尚、パソコンをお持ちの方は、パソコン経由で登録した方がさらに楽です。

リクルートIDの案内と登録(パソコン用)

 

メールを受信すると会員登録するためのURLが送られてきます。

登録に必要な情報について(ご参考)

 

Pontaカードの引継ぎ

Pontaカードは、会員IDとセキュリティーコードがあればアプリに移行できます。

Pontaカードの裏に会員IDとセキュリティーコードが記載されています。

「持っている」をタップします。

 

まずは、Ponta会員IDを入力します。

 

次にセキュリティコードを入力します。

 

以上でポンタカードが利用できるようになりました。

 

実際に利用するには、ホーム画面か「Pontaカード」アプリを起動します。

素早くできるように準備をしておきましょう。

 

コツコツと2,821ポイントがたまっているとので価値はありますね!

まとめ:持ち歩くカードを減らそう

スマホの登場により徐々に改善されつつある「カードが沢山になる問題」。Pontaカードはお手軽に解決できるのでお試しください。

デバック用: FB:0 TW:1 Po:1 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加