【レビュー】SSD4台目!Samsung SSD 250GB 850 EVO

パソコン教室用に機材をそろえています。

今回は、パソコン教室のパソコンの補助記憶装置として「Samsung SSD 250GB 850 EVO」を選定しました。

パソコン教室のパソコンは、プロジェクターなどを全部そろえると100万円以上はかかります。

とくにパソコンは台数が多くなるため慎重に選びたいところです。

20160218r739

SSD購入履歴

今は、Samsung SSD850EVOが最良。ライバルは、Transcend SSDです。(後述)

購入日 型名 容量
2013年1月12日 Crucial M4 SSD 512GB
2014年2月22日 Samsung SSD840EVO ベーシックキット 500GB
2015年7月16 Samsung SSD850EVOキャンペーンキット 1TB
2016年2月26日 Samsung SSD850 EVO ベーシックキット 250GB

(余談)3D V-NAND技術が使わている

私のようなオタクが注目すべき技術は、3D V-NANDテクノロジーです。

3D V-NANDテクノロジーについては、「【後藤弘茂のWeekly海外ニュース】Samsungが発表した「V-NAND」でフラッシュの時代が明ける - PC Watch」を参照ください。

昨日、この技術を使った「Samsung、容量256GB転送速度850MB/secのスマホ用超高速フラッシュ」が発表されました。

Samsungだけに限らず3D技術は、限界を突破するために必要不可欠なことでもあります。インテルの最新CPUにも3Dプロセスが導入されています。

Samsung SSD850EVOの能力について

Samsung SSD850EVOは、容量に関係なく一定でかつ激速です。

付属のソフトを使えば速度を倍速にすることもできます。
※ただし空き領域が必要

今回も、いままでの500GBや1TBと同じく激速でした。
20160218r737

ライバルのTranscend SSDは?

ライバルのSSDは、容量により速度が異なります。512GB以上になると一定の速度になりますが、Samsung よりわずかに劣ります。
※体感的にわからない程度

1TB R:570MB/s W:470MB/s
512GB R:570MB/s W:470MB/s
256GB R:570MB/s W:310MB/s
128GB R:570MB/s W:170MB/s
64GB R:520MB/s W:90MB/s
32GB R:260MB/s W:40MB/s
256MB未満は、上記の通りです。Samsung SSD850EVOは、容量が少なくても一定の能力。

Transcend SSDは、遅くなる代わりに同容量のSamsung SSD850EVOよりも安い傾向があります。

今回のスティックPCは、USB3の関係で400MB/sまでが上限です。256GBだと、お値段が両社ほぼ同じで、Transcendの書き込み速度が2割りほど落ちます。

パソコンは、読込が中心の機械です。読取が変わらず、書込2割りの差であれば体感的にわかりません。

とはいえ、同じ価格で遅いほうを選ぶ理由はありません。Samsung SSD850EVOを選択しました。

128GBでも良かったのですが、Samsungの場合は、256GBと値段が変わらないこと。Transcend SSDは、書き込み速度に不安があるため辞めました。

まとめ:スティックPC用のSSDは、Samsung SSD850 EVOの250GBで決まり

パソコン教室用にパフォーマンスが高いCherryTrail 世代のスティックPCを購入しました。

極端に貧弱なのが小容量で低速なeMMCでした。

そこさえ補うことができれば、パソコン教室用の最高のPCになると思い、MicroSDカード・SDカード・SSDと調べることになりました。

それぞれ以下の結果です。

MicroSD SD SSD
読込速度 80MB/s 80MB/s 400MB/s
書込速度 30MB/s 40MB/s 400MB/s

一長一短ありますので、自分の必要とするものを購入しましょう。

調査した結果、CherryTrail 世代のスティックPC用のSSDは、Samsung SSD850 EVOの250GBで決まりです。

デバック用: FB:0 TW:1 Po:0 B:1 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加