【レビュー】PFU ScanSnap iX1500が6年ぶりに発売

PFU ScanSnapを買い替えようと思っていましたが、新しい機種が発売されるまで待っていました。

その甲斐があって、いよいよ2018年10月12日に発売しました。

6年ぶりの登場です。

 

ScanSnap iX1500のメリット

5万円と値段が高いドキュメントスキャナーですが、書類・名刺などの紙類を電子化して保存できるため、スキャン後は破棄することができます。

紙と違って検索をすることにより素早く見つけることができます。また、何万冊を持ってもEvernoteなどに保存しておけばタブレット・パソコン・スマホ関係なくデーターを取り出せます。

昨日も、1年前に名刺を頂いた〇〇さんを検索したところ一発で見つかり、連絡が取れるようになりました。

5年以上使えるドキュメントスキャナー

FUJITSU ScanSnap S1500を2011年2月10日に購入しました。

今でも現役ですがパソコンと接続するのが面倒で、買い替えたいと思っていました。

7年以上使ったことになります。十分満足です。

次世代も長く愛用できそうです。

早速Amazonで購入

前もって注文しました。発売日当日の到着を期待しましたが、Amazonだと発売日の3日後に到着しました。ジブン手帳なども同様に発売日から3日ほど時間がかかりました。

すぐに到着するイメージのあるAmazonですが、意外にも発売日到着に弱いようです。

裸の箱に送付伝票が貼られて到着しました。

 

構成は、とてもシンプル。本体と電源のみ

USBケーブルも付属していてUSB接続もできますが、今どき不要です。

 

電源をいれて蓋をあけるだけ

基本的に以下の2ステップです。

  1. 電源を入れて設定
  2. パソコンにインストール

電源を入れて設定

初回は、言語の設定です。「次へ」を押します。

 

好みがあると思います。私なら「ノーマル」にしました。

 

双方にすると便利かもしれませんが、とりあえず「コンピュータ」にしました。

 

ここは、迷わず「アクセスポイント接続」でしょう。

 

「次へ」を押します。

 

大抵のルーターは、WPS or AOSSボタンがありますので設定します。

 

ルーターのWPSボタンを押しましょう。

 

以上で設定できました。

 

あとは、『scansnap.com/d/』へアクセスします。

 

パソコンにインストール

scansnap.com/d/』からダウンロードしてインストールします。

「Windows版ダウンロード」をクリックします。

 

メッセージを読んで「はい」をクリックします。

 

「次へ」をクリックします。

 

「同意」を押します。

 

「標準インストール」で「次へ」を押します。

 

「インストール」をクリックです。

 

「今すぐ再起動」をクリックします。

 

「閉じる」をクリックします。

 

とてもスムーズに使えました。

 

スキャンしたデータも十分に綺麗です。

 

使いこなすには、無料の「ScanSnap Cloud」と有料のEvernote

ScanSnap Cloudが、本格的に登場したことにより使いにくくなると心配しましたが、大丈夫でした。

ScanSnap Cloudは無料で使えて、大切なデーターは、有料のEvernoteに転送できます。

次回の記事で詳しく書きます。

 

早くも詳しいブログ記事沢山

いろいろ読みましたが、Lifehackingの記事が理解しやすいです。

タッチパネルを搭載した新型ScanSnap iX1500が登場。文書管理を簡単にするScanSnap Homeも発表 | Lifehacking.jp

 

PCWatch(ご参考)

潮流に乗りつつ原点回帰した「ScanSnap iX1500」

【レビュー】PFUのドキュメントスキャナ「ScanSnap iX1500」を試す(前編)

 

まとめ:とても使いやすい!オススメの一品

紙の書類を無くすことは、情報過多の現代において必須スキルの一つです。

ScanSnap iX1500と裁断機があれば、大量の本なども少ない時間で電子化できます。

裁断機も必要となりますので、興味のある方は裁断機と一緒に購入すると良いでしょう。

デバック用: FB:0 TW:1 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加