Windows10の画面ショットを撮る【Screenpresso プロ レビュー】

Screenpresso Proの方が費用対効果が高い

2019年6月12日に『Windows10の画面ショットを撮る【Screenpresso無料版レビュー】』を紹介しました。

それから半年以上、もっと優れたキャプチャーソフトがないか探しました。

また、Windows標準ソフト・Dropboxのキャプチャーで済まないかも検証しました。

私の結論として、Screenpresso無料版を超えるソフトが見つからなかったです。

あと、Screenpresso有料版の方が、無料版より費用対効果が高いとの結論になりました。

有料版のメリット

無料版でも、機能が充実しています。Windows標準のキャプチャーよりも優れています。

ずっと、画像キャプチャーソフトについて悩んでいました。以前は、Greenshotを使っていましたが、まさかの開発終了。新しいOSに対応しておらず、徐々に使い勝手悪くなっていました。

いろいろ検証しましたが、Screenpressoが一番です。
無料版でも快適に使うことができますが、有料版を使えば画像の編集まで出来ます。

1ライセンスで3,657円
5台のパソコンまでインストールできます。

イマイチなのが、アンインストールをしてもライセンスが復活しない点です。

ブラックフライデーなら半額だったハズ。

  • ウザかったProヘの勧誘がなくなる
  • HDビデオキャプチャができる
  • システムの録音もできる
  • Androidのキャプチャができる
  • 画像からのテキストキャプチャ(OCR)ができる
  • カラーピッカーがある
  • フル機能の画像エディタが体験できる
  • リワーク、効果、ウォーターマークを付与できる
  • ドキュメントジェネレータがあり
  • ビデオクリップとマージができる(開始および終了)
  • 複数のワークスペースがある
  • 機能の共有ができる
  • 優先サポート(1年)がある

操作方法

インストール方法は、『Windows10の画面ショットを撮る【Screenpresso無料版レビュー】』を参照ください。

今回は、プロフェッショナルにする方法です。『プレス価格』へ移動します。

「今買う」をクリックします。 

 

あとは、必要事項を入力します。

注文をしてから、3分ほどあとにメールでライセンスキーが送られます。

送られてきたライセンスキーを入力して、終了です。

 

「Print Screen」のあと、簡単に加工ができるのでオススメです。

 

トリミングをしたい時は、「画像」タブをクリックします。

 

わずかな隙間をクリックすると通常の処理に戻れます。

まとめ:Screenpresso プロは使いやすい

ブログを見ていると、個性的な矢印を見ることがあると思います。

この個性的な矢印があれば、Screenpresso プロを使っていることを意味します。

愛用している方も多いので、もし気になったら試してくださいね!

デバック用: FB:0 TW:1 Po:1 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加