Windows10の画面ショットを撮る【Screenpresso無料版レビュー】

OS標準のキャプチャーソフトの性能が日々良くなっています。それでも、キャプチャー専用ソフトよりは劣ります。

※一長一短があるため、適材適所で使い分けましょう

以前は、Greenshotを使っていましたが、開発が2017年8月で止まっています。そこでもっと良いソフトウェアがないか探したところ、Screenpressoが良いとの結果になりました。長い時間をかけて無料版で検証しました。

Screenpressoの優れているところ

OS標準キャプチャーにない便利な機能と言えば、矩形範囲を自動的に認識してくれる点です。

  • 矩形範囲を自動的に認識
  • ズームして1PXレベルで操作できる
  • 有料版があり、もっと優れた機能を使える(未検証)

Screenpressoの欠点

  • Mac版がない
  • Proの勧誘が少しウザイ(無料版)

インストール方法

Screenpressoをインストールします。

Screenpresso』にアクセスして「スクリーンプレッサーを無料で入手」をクリックします。

 

「Screenpressoをダウンロードする」をクリックします。

 

「コンピュータにインストール」をクリックします。

 

「OK」をクリックします。

 

無事にインストールが終了しました。

 

使い方

キャプチャーしたい時に「Print Screen」キーを押すだけです。

カーソルの場所に合わせて赤線が変わります。赤線がキャプチャーする部分を意味します。

 

カーソルの場所を変えてみます。このように自動的に最適な部分を探ってくれます。

 

ドラッグすると矩形選択になります。

 

キャプチャーしたあとは、ダブルクリックして開くだけです。

任意のアプリの場合は、右クリック⇒「プログラムから開く」です。

 

無料版でも遅延キャプチャーやカーソルの有無など一通り使えます。

まとめ:OS標準ではイマイチな方に

1年前までは、Greenshootでキャプチャーしていました。

フリーズすることもあり、当初のような便利さや新鮮さはなくなってきました。

今はOS標準のキャプチャーソフトを多く使っていますが、標準アプリではうまく出来ないような場所はScreenpressoを使っています。

今後は、有料Screenpressoも含めて、よりよい物を探します。

デバック用: FB:0 TW:1 Po:2 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加