【レビュー】STIHL ジャケット「ダイナミック」

林業仲間に聞くと、「チャップス」か「防護ズボン」は誰でも必須といいます。

しかし、切断防止機能のある上着までは必要なく、林業用でなくても良いと言う方も多いです。

※手袋も同様な傾向があります。

とは言え、特殊伐採などで使う場合もあるかもしれないので、買ってみました。

やっぱり出番が少なそう。

STIHLには4つのシリーズがある

いろいろ調べると4シリーズあります。一般的には、「ダイナミック」か「アドバンス」で選ぶことになります。

防護作業服 エコノミープラス

お求めやすいエントリーモデルとの記載だけで詳細がありません。

防護作業服 ファンクションエルゴ

新しいカラーリングの防護服とのこと。仕様一覧をみると防水性能がないのは、エコノミープラスだけです。2番目にお手頃な価格設定。

恐らく、エコノミープラスも防水性能がないハズ。

 

防護作業服 ダイナミック

アドバンスには劣るようですが、伸縮性に優れ、体を閉めつけるような窮屈さない設計です。

ジャケットとズボンに通気ジッパーがあります。

防護作業服 アドバンス

値段が高く、一番品質が良いのがアドバンスです。表地の伸縮性があるのは、アドバンスだけです。

※他のシリーズは、表地の一部だけ伸縮性がある

春・秋用のウェアです。夏は暑くて駄目・冬は寒くて駄目そうです。

業者の人のようですね!

本製品の特徴

空気口が脇のところにあるので、春・秋も使えるかもしれません。

作業中は暑いでしょうね。

サイズの選定について

ズボンのサイズは、46(ウエスト84cm、股下74cm)、48(ウエスト88cm、股下76cm)、50(ウエスト92cm、股下78cm)の3サイズです。

ウェアは、アメリカンサイズのサイズS / M / Lです。

表にすると以下のようになるので要注意です。

日本サイズ ズボン ジャケット
S 46 -
M 48 サイズS
L 50 サイズM
LL - サイズL

サイズの写真

ジャケットは、アメリカサイズですね。サイズMで176-182cmです。ズボンとは整合性がないので要注意です。

まとめ:デザインが気に入るか否か

オレンジの部分が目立ちすぎて、コンビニでの着用はつらいです。

とは言え、林業の現場では視認性が重要なため、必要なデザインとも言われています。

 

 

 

 

デバック用: FB:1 TW:1 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加