【タイムセール中&クーポン追加】ストレージ業界の新風 TerraMaster D5-300C

TerraMasterさんからAmazonで使えるクーポンを頂きましたので追記します。

本日限定で実施中のタイムセールと便乗すると安いです。

クーポンコード:3HGFCI69
有効期限:11月6日22:00~11月30日23:59まで

 

国内のストレージ業界で、見かけるようになってきたブランドがTerraMasterです。

安価でホームユーザー向けです。3.5インチのHDDが5台入る「TerraMaster D5-300C」を実際に試してみました。

性能について

検証環境 4TB Seagate BarraCuda 2台

今回の検証のために準備しました。本体にSATA接続で以下の性能です。

RAID 0:高速利用

信頼性は、若干犠牲にしてストライピングによる利用です。

Seqによると読み込み389.9であり、書き込みは363.0で十分に速いです。

 

対してSeq Q32T1は、読み込み性能は、約2倍高速化しています。書き込みは期待に反して遅くなっています。マルチキューに弱いようです。

SATA接続だとマルチキューに強くUSB接続だとマルチキューに弱いようです。

補足

Seq Q32T1: マルチキュー&スレッドによるシーケンシャルリード/ライトテスト (Block Size=128KiB)

Seq: シングルスレッドによるシーケンシャルリード/ライトテスト (Block Size=1MiB)

RAID 1:冗長化利用

HDD2台の内、1台が壊れても運用できます。

こちらも、Seqの読み取りと書き込みは良好。

Seq Q32T1の書き込みだけが遅いです。

Single利用

こちらは想定できる結果。

マルチキューのライトが苦手でわずかに書き込み速度が遅くなるのが気になります。

テキスト版

RAID 0:高速利用

-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 5.2.2 x64 (C) 2007-2017 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 bytes/s [SATA/600 = 600,000,000 bytes/s]
* KB = 1000 bytes, KiB = 1024 bytesSequential Read (Q= 32,T= 1) : 386.788 MB/s
Sequential Write (Q= 32,T= 1) : 163.932 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 32,T= 1) : 2.999 MB/s [ 732.2 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 32,T= 1) : 3.352 MB/s [ 818.4 IOPS]
Sequential Read (T= 1) : 389.896 MB/s
Sequential Write (T= 1) : 362.968 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1) : 0.855 MB/s [ 208.7 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1) : 3.175 MB/s [ 775.1 IOPS]Test : 1024 MiB [G: 0.0% (0.4/7451.9 GiB)] (x5) [Interval=5 sec]
Date : 2017/11/04 5:34:11
OS : Windows 10 Professional [10.0 Build 16296] (x64)

RAID 1:冗長化利用

-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 5.2.2 x64 (C) 2007-2017 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 bytes/s [SATA/600 = 600,000,000 bytes/s]
* KB = 1000 bytes, KiB = 1024 bytesSequential Read (Q= 32,T= 1) : 202.941 MB/s
Sequential Write (Q= 32,T= 1) : 138.522 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 32,T= 1) : 1.685 MB/s [ 411.4 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 32,T= 1) : 1.599 MB/s [ 390.4 IOPS]
Sequential Read (T= 1) : 202.815 MB/s
Sequential Write (T= 1) : 191.014 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1) : 0.628 MB/s [ 153.3 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1) : 1.630 MB/s [ 397.9 IOPS]Test : 1024 MiB [G: 0.0% (0.3/3725.9 GiB)] (x5) [Interval=5 sec]
Date : 2017/11/04 5:48:29
OS : Windows 10 Professional [10.0 Build 16296] (x64)

Single利用

-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 5.2.2 x64 (C) 2007-2017 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 bytes/s [SATA/600 = 600,000,000 bytes/s]
* KB = 1000 bytes, KiB = 1024 bytesSequential Read (Q= 32,T= 1) : 193.140 MB/s
Sequential Write (Q= 32,T= 1) : 175.203 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 32,T= 1) : 1.681 MB/s [ 410.4 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 32,T= 1) : 1.630 MB/s [ 397.9 IOPS]
Sequential Read (T= 1) : 195.483 MB/s
Sequential Write (T= 1) : 194.015 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1) : 0.641 MB/s [ 156.5 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1) : 1.630 MB/s [ 397.9 IOPS]Test : 1024 MiB [G: 0.0% (0.3/3725.9 GiB)] (x5) [Interval=5 sec]
Date : 2017/11/04 6:47:29
OS : Windows 10 Professional [10.0 Build 16296] (x64)

 

付属品は完璧

ここまで揃っているのは、凄いです。

ドライバー×2。ネジ(3.5インチ用・2.5インチ用)。リセット用ピン。足用のゴム。

使い方も簡単!3ステップで終了

以下の3ステップになります。慣れた人であれば全く問題ありません。

  1. HDDを装着
  2. RAID 0 / RAID 1 /Singleを選択後、リセットボタンを5秒押し
  3. ドライブ割り当て

1.HDDを装着


2.スイッチでRAID 0 / RAID 1 /Singleを選択後、リセットボタンを5秒押し

3.ドライブ割り当て

Windowsマークを右クリックします。もしくは[Windows]+[X]でも同等の操作ができます。

「ディスクの管理」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

「完了」を押します。以上です。

使い方

テレビ録画用のハードディスクサーバーとして使う。本体側は、マイナーなTypeCですが、ホスト側は一般的なUSB3端子です。

パソコンデータのバックアップとして使う。5台もあるので最適です。

大容量HDDを作成して使う。RAID0を使えば2倍の容量にできます。今回は8TBになりました。

2台のHDDのみRAID 0/1が可能

本製品の特徴は、HDD1~5までがありHDD1とHDD2か以下の3つから選択することができます。

  • RAID 0
  • RAID 1
  • Single

NAS or ストレージ

このタイプを選ぶときは、ネットワーク経由で接続するかUSBタイプで接続するか選択することになります。

ストレージタイプ

以下の3タイプから選ぶことになります。

D2-310 D5-300C D5-300
Max容量 20TB(10TB×2) 50TB(10TB×5) 50TB(10TB×5)
RAID mode RAID 0/1
JBOD
Single Disk
RAID 0/1
Single Disk
RAID 5

NASタイプ

4タイプとメモリの組み合わせから選ぶことになります。

F2-220 F2-420 F4-220 F5-420
CPU数 Dual Core Quad Core Dual Core Quad Core
ドライブ数 2ドライブ 2ドライブ 4ドライブ 5ドライブ
RAID mode RAID 0
RAID 1
JBOD
SINGLE
RAID 0
RAID 1
Raid 5
Raid10
JBOD
SINGLE
RAID 0
RAID 1
Raid 5
Raid10
JBOD
SINGLE

まとめ:沢山の大容量ストレージを使いこなす第1歩

比較的安価で、5ドライブのHDDを接続できます。

たくさんのHDDを有効に使いたい方にオススメです。

また、私のように4TB を2台使って8TBとして使うことも有効です。

デバック用: FB:1 TW:1 Po:2 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加