Mac

25%割引セール中!M1 Mac上でもWindows 10を無料で使う Parallels Desktop編

25%割引セール中

早期ゴールデンウィーク割引中です。

Parallels Desktopが 25%オフ
チェックアウト時に次のクーポンコードをご利用ください:SAVE25

公式HPで安く買えます。新規ライセンス8,345円が6,258円です。

アップグレード版なら5,204円が4,423円です。

https://www.parallels.com/jp/

 

25%割引は4月29日まで

以下の表示によると4月29日まで割引です。

https://www.parallels.com/jp/

どちらもお好きな方で購入してください。

動画版を2つ作りました

まずは、無料で実施する方法です。

BootCampを紹介しましたが、空き容量的に厳しいとの声が多数ありました。

もし、BootCampを使うならMacを買う際、Windows分のSSD考慮して買うべきです。

 

今回は、Parallels Desktopを使うことで、さらに少ないSSDで使えるようにします。

Parallels Desktop16.5からは、M1とIntelチップの両方と互換性があります。

 

ライセンスの購入について

無料で実施できるのは、2週間の制限があります。

そこでライセンスの購入について動画にしました。

Parallels Desktop16.5とWindowsのライセンスについて動画にしました。

ブログ版『850円のWindows 10 Proを試す

 

Amazon価格 VS 公式

2021年4月17日現在ですが、どっちで買えば良いか調べました。

新規の方

Amazonの場合

  • プロ1年版 ¥8,782
  • 乗り換え版 ¥7,232
  • 通常版¥8,073

公式HPの場合

家庭および学生向け 8,345 円(定価)⇒7,510円(1割引)⇒6,676円(2割引)

Parallels Desktop Pro Edition 9,818 円/年(定価)⇒8836(1割引)⇒7,854円(2割引)

2021年4月30日までなら1割クーポンがあります。ベーター版利用者なら2割引クーポンが使えます。

アップグレードの方

毎年数回実施されます。この料金で使い続けることができます。433円/月ぐらいです。1日15円程度をどう思うかですね...

なぜかAmazonだとアップグレード版がないので、乗換版の7,232円になります。

 

また、内蔵SSDではなく外付けSSDを使うことも可能です。

以下の動画は、外付けSSDを使って実現しました。

似て非なる3つの使い方

Boot CampとParallels Desktopの違いについて

Boot Camp

macOS標準のアプリケーションで無料です。

ブログ版『MacにWindowsをインストールする』を参照ください。

動画版もあります。

Parallels Desktop

14日間無料で使えます。そのあとは、乗換版を購入すると良いです。約6千円程度。今回説明する内容です。

 

Boot CampとParallels Desktop

双方のいいとこどりができます。

Mac上で動かすこともできるし、Windows単体で動かすこともできます。

恐るべし。

Boot CampとParallels Desktopを一緒に使うと最強です。

Windows for Macのインストール

https://www.parallels.com/jp/products/desktop/trial/

Parallels Desktop 16 Retail Box JP(通常版)

数量限定の乗換版が売り切れるまでParallels Desktop 16 Retail Box JP(通常版)を買う必要がありません。

乗換版は、無料のBootCampも対象となるため、誰もが乗換版を使う権限があります。

Parallels Desktop 16 for Mac 乗換版

乗換版は、数量限定です。Amazonで7,236円。楽天で7,396 円でした。

 

関連URL

外付SSDを使ってWindowsを起動するたった一つの方法

M1 Macも出来るようです。

-Mac

© 2021 PCまなぶ