Windows 10の日本語版を英語表示にしつつ日本語も入力できるようにする

Windows 8.1からできる機能です。Windows 8.1の方は、「Windows 8.1 日本語版を英語表示にする」を参照ください。

日本語以外の言語にすると、外国語を学ぶきっかけになります。余談ですが英語表示の間はKindle for PCを使って直接コピペできるようにもなります。

表示を英語にするとキーボード入力が英語配列になり、しかも日本語が入力できなくなり不便です。

そこで今回は、Windows 10の表示を英語にして、日本語の入力もできるようにします。

20150811r75

実施方法(日本語版Windows 10を他の言語表記にする)

[Windows]+[I](Windowsキーを押しながらIキーを押す)で設定を表示し、「時刻と言語」を押します。

20150811r63

「地域と言語」を選択し、「言語を追加する」を押します。

20150811r64

141言語から選択できます。今回は、「英語」を選択します。

20150811r65

英語を選択しても、英語の中から、様々な地域が表示されます。私は、「英語(米国)」を選択。

20150811r66

これから必要な言語パックをダウンロードし、主に使用する言語に設定ます。

ダウンロードするため「オプション」をクリックします。

20150811r67

ダウンロードをクリックしてしばらく待ちます。

20150811r68

ダウンロードが終了しましたら、「言語パックをインストールしました」のメッセージを確認後、

戻るために左矢印を押しましょう。

20150811r70

最後に、「規定値として設定する」をクリックして終了です。

20150811r71

有効になるは、次回のサインインからです。

20150811r73

設定を有効にするためにサインアウトしてサインインしましょう。

スタートボタンをクリックして「シャットダウンまたはサインアウト」を選択し、「サインアウト」です。
または[Windows]+[X]⇒[U]⇒[I]

20150811r74

ログインすると、英語に変わっています。

20150811r75

この状態でKindle for PCを使うと、普通にコピペができるようになります。

20150217r26

英語表示のまま日本語の入力をできるようにする

英語表示にはなりましたが、日本語の入力ができず不便です。

英語表示のまま日本語入力ができるように変更します。

「Time & Language」をクリックします。

 

「Region & language」をクリックし、Englishの「Options」をクリックします。

 

「Add a keyboard」をクリックし、「Japanes」を選びます。

 

最後に「US」をRemoveして終了です。

 

以上で、英語表示でも「半角/全角」キーで日本語入力ができます。

まとめ:Windows 8.1から簡単に言語変更が可能

Windows 7までは、難しかった言語変更。Windows 8.1から簡単にできるようになり、Windows 10でも健在です。お試しください。

※本記事は、2015年2月20日の記事を製品版に差し替えたものです

関連URL

良かったら「Kindle」タグ見てね!

 

Kindle for PCでコピー&ペーストをする

20150119r51

デバック用: FB:1 TW:6 Po:19 B:1 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 6  このエントリーをはてなブックマークに追加