付箋が無くなりSticky Notesに!Windows 10付属の付箋紙ソフト

2016年8月17日修正。いろいろ誤りがあったので修正しました。

~本題~

Windows Vista以降でお世話になっているWindows付属の付箋紙ソフト
※裏技でWindows XPでも出来たのですが...

ついにWindows 10 Anniversary Updateでは、「付箋」が無くなりました。

しかし、ご安心ください。ユニバーサルアプリとしてSticky Notesになりデータ引き継がれています。

※付箋の英語は、「Sticky Notes」です。今回は何故か日本語化されませんでした

使いこなせると便利です!

20141019r59

起動方法

Windows 10 Anniversary Updateから直下の「Sticky Notes」です。

※従来の方法は、「アクセサリ」→「付箋」でした。

2016080383

検索のところで、英語で「Sticky」でも見つかります。
※「st」まで入力すると見つかります。

2016080386

よく使うのでタスクバーに登録すると良いでしょう。

2016080387

付箋紙の使い方

Windows 10 Anniversary Updateより前は、右クリックで色を変えることができました。

20141019r64

Windows 10 Anniversary Updateからは、「・・・」をクリックして変更です。

タブレットに対応するためだと思われます。

2016080363

[Ctrl]+[Shift]+[L]で箇条書き。ワードと同じショートカットでしたが、「Windows 10 Anniversary Update」にて機能そのものが無くなりました。おそらく復活するでしょう。

20141019r65

[Ctrl]+[Shift]+[<]で小さく。ワードと同じショートカットです。

20141019r66

[Ctrl]+[Shift]+[>]で大きく。ワードと同じショートカットです。

20141019r67

[Ctrl]+[Shift]+[B] : 太字にする。以前は、ワードと同じショートカットでした。

なぜか、Windows 10からShiftキーが必要です。

20141019r69
[Ctrl] + [I] : 斜体にする 。ワードと同じショートカットです。

歴代OSで半角英数字のみの対応です。

20141019r71

[Ctrl]+[Shift]+[U] : 下線を引く。以前は、ワードと同じショートカットでした。

なぜか、Windows 10からShiftキーが必要です。

20141019r72
[Ctrl] + [T] : 取り消し線を付ける。ワードにはないショートカットです。

20141019r68

まとめ:どんどん活用しよう!

Windows Vista以降の新機能。付箋は、ご存知だと思いますが、ショートカットは、如何でしたか。

付箋は無くなりましたが「Sticky Notes」として残っています。多くの機能は、Windows 10 Anniversary Updateでも健在です!

新しいバージョンから箇条書き・表・色を付ける機能が無くなりました。復活することを期待しましょう。

関連URL

絵文字が大幅にパワーアップ

絵文字がカラフルになりました。(従来の絵文字は、一色のみ)

詳しくは、『【Windows 10 Anniversary Update】絵文字が大幅にパワーアップ(IME編)』を参照ください。

2016080419

知ってる?Windows標準の付箋で、表や画像を貼り付けれるよ!

※「Sticky Notes」では無くなっています

20141102r39

 

 

デバック用: FB:35 TW:28 Po:30 B:9 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 28  このエントリーをはてなブックマークに追加