Windows サンドボックスで使い捨て環境を作る

サンドボックスとは

ともとは砂場・砂箱といった意味です。IT用語では、ソフトウェアがOSに悪影響を及ぼすことのないように設計された環境のことです。ソフトウェアのトラブルがシステム全体へ影響を受けないように使います。

Windows サンドボックスは、Windows 10 May 2019 Update(バージョン 1903)の新機能です。

Homeは不可です。Pro版だけの提供です。

Hyper Vと同じ技術を使っていますが、Windowsラインセンスが不要です。Windowsを再起動すると綺麗な状態に戻ります。

アプリを試したい場合に有効です。

操作方法

初期値では、Windows サンドボックスが無効になっています。機能を追加することで有効にします。

コントロールパネルを表示』します。

[Windows]キーを押したあとに「CP」と入力して[Enterキー]を押します。

コントロールパネルを表示することができたら、「プログラム」をクリックします。

 

「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックします。

 

「Windows サンドボックス」をクリックして「OK」ボタンを押します。

 

「今すぐ再起動」をクリックします。

 

機能を追加したことにより「Windows Sandbox」アプリが追加されます。

「Windows Sandbox」を起動します。

 

最初は、少しだけ起動に時間がかかります。

まとめ:手軽に仮想環境を体験したい方におすすめ

追加ライセンスなしで仮想環境が体験できることが最大の売りです。

面白いですね!

デバック用: FB:25 TW:1 Po:4 B:2 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加