フリーランスの必須知識!出金伝票をつけるべし

いよいよフリーランスとして独立することにしました。

右も左もわからない状態ですが、フリーランスとは別名自由業なんですね!

漏れなく「売上」と「経費」を計上する必要があります。

私は、Amazonで購入することが多いので領収書の発行は楽です。

しかし、食事をした場合など、領収書を発行しない場合も多々あります。

放置すると忘れるので出金伝票を書きます。

日付・相手先・勘定科目・支払った内容

金額は、作成後に改ざんできないように、¥や-を書きます。

あとは証拠資料を補足で用意します。

経費の15%が節税の効果がある

1万円の領収書をもらった場合は、出金伝票をきちんとつけることで1,500円の節税になるおのことです。

所得によって変わりますが、15万円の利益と14万円の利益だと納税額が1,500円ほど違うとのことです。

以下の本がとてもわかりやすいです!96ページに本件が記載してあります。

雛形をダウンロードできます

面倒な登録なしで、クリックするとダウンロードできます。

出金伝票の書き方 書式・様式・フォーマット テンプレート01(A6横タイプ)(エクセル Excel) - [文書]テンプレートの無料ダウンロード

 

出金伝票100枚で100円で販売されていました。

入金も書く必要があると思い購入しました。

まとめ:漏れなく書こう

フリーランスになると何かと面倒ですが、初体験が新鮮です。

デバック用: FB:0 TW:1 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加