Xperia X Performanceで料理を綺麗に撮る4つのコツ

Xperia X Performanceの凄さは、写真性能であると言えるでしょう。

しかし、せっかくの性能も撮影する側が使いこなせないと台無しです。

P1060679

3つのポイントをご紹介

早速順番に説明しましょう。

  • フラッシュは、しない
  • オートではなく、露出を一つ上げる
  • 特にマクロは順光で撮影しない
  • 暖色を強くする

フラッシュは、しない

被写体と近づけて撮影する場合は、ムラになり美しく撮影できません。

P1060680

基本的にフラッシュはオフにしましょう。

P1060681

オートではなく、露出を一つ上げる

一眼でもスマホカメラでも、露出を一つ上げた方が綺麗に撮影できます。

P1060682

マニュアルにして、設定ボタンを押して、露出を一つ上げる。

P1060683

特にマクロは順光で撮影しない

光に対して45度から90度ほど斜めにして撮影するのが基本です。

接写で順光だと、当然カメラが陰になります。影をなくすことができたとしても、立体感がなくなり、美味しく映りません。

P1060684

逆光だと、美味しそうに見せたいところが、黒くつぶれるのでダメです。

90度~45度あたりで撮影します。

P1060685

暖色を強くする

青みかかった料理よりも、暖色が強い料理の方がおいしく感じます。

オートに任せないで自分でコントロールしましょう。

P1060689

マニュアルにして、設定ボタンを押して、ホワイトバランスを太陽光か曇りにする。

P1060690

まとめ:カメラ撮影の超基本

カメラを使いこなしている方でしたら、常識的なことばかりですが、そうでない方がほとんどだと思われます。

撮影する際に意識して綺麗な写真を撮影しましょう。

綺麗に撮影したいけど、一眼レフがない時に使いこなしてほしいです。

オチ:餅は餅屋。撮影は一眼レフで(^^;)

どこでも手軽に撮影するにはスマホが一番ですが、品質は、一眼レフが一番です。

個人的には、D5300とマクロレンズが美しくて安く撮影できて一番バランスがいいと思います。

カメラ本体+マクロレンズ+フラッシュライトの3つが基本です。

P1060679

価格1/3で純正並にすごいフラッシュライト!K&F Concept KF590EX-N

デバック用: FB:1 TW:1 Po:1 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加