自作の付箋を使ってジブン手帳を120%使いこなそう

「ジブン手帳公式ガイドブック2018」を購入してジブン手帳を120%使いこなそうと思っています。

そんな中で公式ガイドブックの6ページに目から鱗のテクニックが掲載されていました。

自作のシールを作って彩るものです。

早速、実践したいと思います。

STEP1エクセルでひな形を作成する

頑張って作成しました。良かったらご利用ください。

ジブン手帳.xlsx 24KB

STEP2 再はくりのシールを購入する

以下の条件を満たしたものを購入ください。インクジェットでない場合は、後者の用紙を購入ください。

  • インクジェット専用(表面処理がしてあるもの)
  • 再はくり(綺麗にはがせるもの)
  • ノーカット版

(余談)汎用的な用紙だと印刷が汚い

間違ったものを購入して千円を捨ててしまった話です。インクジェット対応とのことで以下の製品を買いました。

印刷すると、汚いです。それもそのハズ、印刷が普通紙です。表面が特殊加工していないため、顔料インクでも文字がにじんで使い物になりません。

↓インクジェットの方は、買ったら駄目。逆にレーザープリンターの場合はこちら!

STEP3 印刷をしてカットする

印刷は、エプソンの場合「スーパーファイン」で行ってください。「普通紙」で設定すると汚いです。

普通にハサミで切っただけだとバラバラになり、はがすのも苦労します。

でもご安心ください。以下の方法を使えば簡単にはがせるだけでなく、バラバラになることも防げます。

STEP3-1 カットしてセロハンテープを貼る

印刷した用紙をある程度の大きさでカットしてシールをはります。裏側にセロハンを貼って下さい。

表からみるとこんな感じです。

上の状態でハサミで切ると、バラバラになるため紙を貼ります。

そしてハサミで点線の部分を切ります。同様にどんどん切ってください。

すると今まで、はがせなかったのが嘘のように綺麗に簡単にはがれます。

あとは、持ち運びしやすいように適当な大きさにしてください。

均一の薄い背景も良いかも

試しに以下のような付箋も使ってみました。

なかなかいい味が出ていると思います。

まとめ:いろいろ試して自分だけの手帳にしよう

文具・旅行ライターである出雲義和(いづもよしかず)さんのテクニックを参考に実現してみました。

出雲義和さんのTwitter  | HP

最初は、こんなこと「無理!」と思いましたが、セロハンなどを使うことで実用レベルにまでなりました。

また、均一の薄い色の付箋も使えると思います。

いろいろお試しください。

 

   このエントリーをはてなブックマークに追加