Windows 10 日本語版を英語表示にする

Windows 8.1からできる機能です。Windows 8.1の方は、「Windows 8.1 日本語版を英語表示にする」を参照ください。

他の言語にすると、英語やその他の言語を学ぶきっかけにもなりますし、英語表示の間はKindle for PCが直接コピペできるようにもなります。

早速実施しましょう。

20150811r75

実施方法(日本語版Windows 10を他の言語表記にする)

[Windows]+[I](Windowsキーを押しながらIキーを押す)で設定を表示し、「時刻と言語」を押します。

20150811r63

「地域と言語」を選択し、「言語を追加する」を押します。

20150811r64

141言語から選択できます。今回は、「英語」を選択します。

20150811r65

英語を選択しても、英語の中から、様々な地域が表示されます。私は、「英語(米国)」を選択。

20150811r66

これから必要な言語パックをダウンロードし、主に使用する言語に設定ます。

ダウンロードするため「オプション」をクリックします。

20150811r67

ダウンロードをクリックしてしばらく待ちます。

20150811r68

ダウンロードが終了しましたら、「言語パックをインストールしました」のメッセージを確認後、

戻るために左矢印を押しましょう。

20150811r70

最後に、「規定値として設定する」をクリックして終了です。

20150811r71

有効になるは、次回のサインインからです。

20150811r73

設定を有効にするためにサインアウトしてサインインしましょう。

スタートボタンをクリックして「シャットダウンまたはサインアウト」を選択し、「サインアウト」です。
または[Windows]+[X]⇒[U]⇒[I]

20150811r74

ログインすると、英語に変わっています。

20150811r75

この状態でKindle for PCを使うと、普通にコピペができるようになります。

20150217r26

   このエントリーをはてなブックマークに追加