「Windows 10 Anniversary Update」から「開発向け」に項目が大幅追加

Windows 10は、半年に一度大幅にバージョンアップされます。

次の大幅アップデートは、2016年8月3日です。

現在のバージョン1511の開発者向けはシンプルです。

たったこれだけしかありません。

20160724r20

ところが「Windows 10 Anniversary Update」と言われるバージョン1607 OSビルト14393.3で以下のようになっています。

順番に確認してみましょう。

20160724r21

操作方法

[Windows]+[I]で「設定」を表示し「更新とセキュリティ」を押します。

20160724r22

「開発向け」をクリックします。

20160724r23

以下の6のグループが存在します。

順番に説明しましょう。

  • 開発者向け機能を使う
  • デバイスポータルを有効にする
  • デバイスの検出
  • エクスプローラー
  • リモートディスクトップ
  • PowerShell

開発者向け機能を使う

ユニバーサルアプリを、どこからインストールできるようにするかを設定します。ユニバーサルアプリ自身があまり使わないですね。(^^;)

20160724r24

デバイスポータルを有効にする

ブラウザー経由で、機器をコントロールする機能です。マニアには嬉しい機能です。

20160724r25

デバイスの検出

気になる機能ですね。

20160724r26

エクスプローラー

エクスプローラーのリボンで出来るため出番は少なそうです。

20160724r27

リモートディスクトップ

「システムのプロパティ」ウィンドウで実施していたことが、ここでもできるようになりました。

20160724r28

PowerShell

前バージョンで探しましたが見つからず。PowerShell使いには嬉しい機能です。

20160724r29

まとめ:新しい場所も覚えておこう

Windows 10では古い操作方法も残っています。このため無理に覚える必要がありませんが、知っていると便利です。

デバック用: FB:0 TW:0 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 0  このエントリーをはてなブックマークに追加