【レビュー】安価で超小!WiFi 無線LAN 子機 433Mbps + 200Mbps(Archer T2U Nano)

Windows 7のノートパソコンの無線LANが物理的に認識しなくなったため
修理より安いと思って、本製品を購入しました。

新しい製品が良いだろうと、発売日の2週間前から予約して購入しました。

ナノサイズの無線LANのため、邪魔になりません。

紹介する商品 Archer T2U Nano

安価にも関わらずパケージがしっかりしていて、CD-ROMもついています。

前製品(Archer T1U)との違い

5GHz専用か、2.4GHzと5GHzの両方に対応しているかの違いです。

当然、両方の周波数に対応している方が心強く値段も僅差のため、新製品を購入しました。

2.4GHzは、長距離の通信に強いです。

対して、

5GHzは、混線に強く、高速な点です。

障害物があると2.4GHzの方が速いことが多々あります。

逆に、電子レンジなどを使っていると、5GHzの方が有利です。

※電子レンジは2.4GHz帯の電磁波を発生させる機械であるため

障害物がないような場所では、5GHz
5GHzで調子が悪ければ、2.4Ghzを使うと良いです。

対抗は、BUFFALO WI-U3-866DS

対抗は、BUFFALO 無線LAN子機 11ac 866Mbps USB3.0 WI-U3-866DSです。

USB3.0に対応していて理論値は、倍の866Mbpsに対応しています。

ただ、実用面での差がないため、今回紹介する製品で十分です。

BUFFALO 無線LAN子機 11ac 866Mbps USB3.0 WI-U3-866D

 

 

大きさの違いについて

ナノタイプは、小さいのが強みです。いい感じです。

実行速度について

私の環境だと、インターネットがボトルネックになり64Mbpsでした。

インターネット回線の速度テスト | Fast.com』にて測定

ダウンロード速度:64Mbps
アップロード速度:41 Mbps

クライアント同士なら433Mbpsに近づきます。

本製品の特徴

  • 3年保証
  • Windows XPから10まで対応
  • Macでも使用可能
  • USB2.0
    ※USB2.0は、480Mbpsの転送能力があるため問題なし
  • W56にも対応

海外製品だと、W56に対応していなく、トラブルになることが多々あります。

本製品は、対応しています。

まとめ:安価で超小型。スキのない製品

Amazonで、とても売れているだけはあります。

 

 

デバック用: FB:2 TW:1 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加