【Windows 10】エクスプローラーのダークテーマがカッコ良くなった

2016年の夏に提供されたWindows 10 Anniversary Updateからダークテーマが追加されました。

※マイクロソフトでは、「黒モード」が正式用語

今まではダークテーマにしてもエクスプローラーはそのままでしたが、2018年秋のバージョンからエクスプローラーもダークテーマになります。

改善前のダークモード(2018年春)

「黒モード」にしても、白のままでした。

 

改善後のダークモード(2018年秋)

Windows 10 October 2018 Update適用後の「黒モード」洗練された感じになりカッコ良いです。

ダークテーマにするメリット

Macの最新OSとなるmacOS モハベからダークモードが搭載されました。

Windows 対 Macのダークモードによる戦いが面白いです。

紙の見た目に近いことから白い背景が好まれる傾向がありましたが、スマートフォンがダークテーマに対応したことから黒ベースのアプリが増えると思われます。

  • かっこいい
  • 光源が少ないので目が疲れない
  • ELディスプレイの場合は消費電力が少ない

※本当にダークテーマが良いかは賛否用論があり好みです。

対象バージョン

Redstone 5

2018年秋の大型アップデートで適用されました。

Redstone 5の正式名称は、Windows 10 October 2018 Updateです。

操作方法

黒モードにするだけで大丈夫です。

[Windows]+[I]でWindowsの設定ウィンドウを表示し、「個人用設定」をクリックします。

 

「色」を選択し、「黒」を選びます。

 

ダークテーマになりました。クールです。

 

エクスプローラーが黒くなります。

まとめ:ダークテーマでシックにきめよう

エクスプローラーが黒ベースになりますが、他のデスクトップアプリは、従来通りです。

今後は、Photoshopのように黒ベースのアプリが増えるかもしれません。

デバック用: FB:3 TW:3 Po:2 B:4 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 3  このエントリーをはてなブックマークに追加