不要になったLANケーブルは、収束バンドとして使おう

爪が折れたLANケーブルを捨てたりしていないでしょうか?

LANケーブルの爪が折れたまま使用すると、抜けたりしてトラブルになりやすいため使いません。

だからと言って、そのまま捨てている方は、いないでしょうか。

不要になったLANケーブルは、配線整理に使えます!

以下のように収束バンドとして使えば、業者っぽくて、個人的に好きです。

爪が折れた場合は、LANケーブルをハサミで切ります。

更に一定の間隔できります。一番左側が目安です。

切ったLANケーブルを半分だけハサミを入れます。ハサミで、少し食い込むように入れて、LANケーブル側を45度ぐらい回す感じです。

上手くできると写真のようになります。

引っ張って抜き取ります。

インテリア的にも悪くないと思います。不要になったLANケーブルがあった場合には、ぜひ活用ください。

まとめ:収束バンドを買うよりいいよ

収束タイを買うのも良いですが、LANケーブルが余っていたら遊んでみてください。

本ページは、2012年5月16日に執筆したものをリニューアルしたものです。

デバック用: FB:3 TW:2 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 2  このエントリーをはてなブックマークに追加