入門向けの三脚に最適!SLIK(スリック) GX 6400

三脚と言えば、ベルボンかスリックが有名です。撮影には、三脚が欠かせなせん。

とは言え高価な三脚は必要なく安価な物でも十分だと思っています。

それぞ入門向けの三脚と言えば、以下の通りです。

D5300とD7200を所持しており、双方で3三脚を使う必要があったことからもう一台「SLIK GX 6400」を購入しました。

結論:ほぼ同じだがSLIK GX 6400の方が良い

双方を使って1点以外は、大きな違いがありません。

両者の1番の違いは、クイックシュー

EX-440Nに付属するクイックシューは、QB-46(607円)でありプラスチック製です。カメラを取り付けるには10円玉が必要です。

 

SLIK GX 6400に付属するクイックシューは、DINクイックシュー6222(818円)であり、つまみを回して取り付けることができます。

 

クイックシューは、あとから変更が可能

ベルボンもQB-145(698円)にすれば、つまみを回すだけで取り付けることができます。DIN規格で決まっているため別のメーカーでも問題なくつけることができます。

まとめ:これから購入するならSLIK GX 6400がオススメ

どちらもほぼ同じ金額です。楽に使えた方が良いです。

双方迷った場合は、SLIK GX 6400の方がオススメです。

また、私のようにVelbon EX-440Nを既に購入しておりコインで回すのが嫌なかたは、あとからDIN規格のシューを別途購入しても良いでしょう。

デバック用: FB:0 TW:1 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加