簡単❗️1Passwordの2段階認証(2要素認証)を実現する

1Passwordは、2つのキーにより守られています。

「マスターパスワード」と「Secret Keyキー(秘密鍵)」です。

とはいえ、IDが特定されてマスターパスワードを突破されると、セキュリティ的に厳しいので2段階認証でマスターパスワードを守ります。

日本だと2段階認証(2 step verification)がよく使われていますが、1Passwordでは2要素認証(two-factor authentication)が正しいです。

2段階認証と2要素認証は、明確に違いますので使い分けをするようにしてください。

「二要素認証」と「二段階認証」の違い

 

私のブログでは親しまれている2段階認証と表現しますので読み替えてください。

2段階認証は不正なアクセスを防ぐと同時に、万が一マスターパスワードが漏洩し、突破された際にメールでわかります。

 

今の漏洩で一番多いのは、IDとパスワードを使い回しによるものです。自分では使いまわしたつもりがなくても、同じであることが度々あります。万が一、突破された際にわかるのは心強いです。

1Passwordを使うならサクっと2段階認証を設定しましょう。

実施方法

いい説明がなくて結構ハマりましたが、元技術者なので時間さえかければ、なんとかなります。

私が見つけた方法は、ブラウザとスマートフォンによる組み合わせです。

1Password|https://1password.com/jp/』にアクセスしてログインします。

右上の「サインイン」をクリックします。

 

プロフィール名をクリックして、「マイプロファイル」をクリックします。

 

「その他のアクション」から「2要素認証の管理」を選択します。

 

「2要素認証をオンにする」をクリックします。

 

スマートフォン側の操作に移ります。

 

スマホにMicrosoft Authenticatorをインストールする

今回は、「Microsoft Authenticator」で2段階認証を実現します。私は、Amazonの2段階認証も「Microsoft Authenticator」を使っています。

 

Microsoft Authenticatorによるサインインをしてみましょう。

Microsoft Authenticator – オンライン アカウントの安全なアクセスと管理

からアプリをインストールすることでSMSを使わずに認証ができるようになります。

 

Microsoft Authenticatorで「入手」をタップしてインストールします。

 

スマホの普通のカメラで撮影する

今時のスマホは、普通のカメラでバーコードを読み取れます。

Authenticatorで開くをタップします。

 

スマートフォンの操作は終わりです。次からパソコン側の操作に戻ります

 

「次へ」をクリックします。

 

スマートフォンをみて6桁の数値を入力します。「確認」をクリックです。

 

以上で設定が終了です。お疲れ様でした。

新しくインストールする場合に、2段階認証が聞かれますのでお試しください。

 

Androidでインストールしたら無事に聞いてくれました。

まとめ:意外にテクニカル

評判がいいので楽かと思ったら、ドキュメントを探すのにすごく苦労しました。

私が人柱になったので、他の方は楽にできます。

 

まだ知らない方は、理解して下さいね!

「二要素認証」と「二段階認証」の違い

関連URL

1カ月無料の1Password!3年版が安い

デバック用: FB:6 TW:2 Po:4 B:1 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 2  このエントリーをはてなブックマークに追加