3つのUnifyingレシーバー活用!3台より多くのパソコンを快適操作

ロジクールのキーボードCRAFTや同マウスMX Master 2Sには、マルチデバイス機能がありボタンを押すことで3台までのパソコンを切り替えることができます。

 

接続先は、UnifyingレシーバーとBluetoothの2種類がありますが、Unifyingレシーバーが安定しています。

 

3台より沢山のパソコンを使う場合は、Unifyingレシーバーを抜き差しします。

 

激しくレシーバーを入れ替えすると、どれが何番か分からなくなるので、以下のように番号を振ります。

 

Unifyingレシーバーと「キーボード・マウス」の番号をリンクする

ノートパソコンでUnifyingレシーバーと「キーボード・マウス」の番号をリンクさせます。

デスクトップで、同操作をすると設定の際にキーボードもマウスも使えなくなるので、ノートパソコン側にあるキーボードとマウスで設定します。

一度設定すれば、ず~と有効です。

Logicool Unifyingソフトウェア」をインストールし、起動します。

 

接続したい機器の接続番号(1~3)を設定し、電源をオフにして「次へ」をクリックします。

 

このタイミングで機器の電源をオンにします。

 

キーボードの電源をオンにした場合は、以下のメッセージになります。

入力できることを確認し、「はい」⇒「次へ」を押します。

 

もう一つマウスの接続しましょう。「別のデバイスをペアリングする」をクリックします。

 

同様に操作をして、マウスの設定ができました。

 

以上で設定は、終了です。レシーバーの数だけ設定します。

 

まとめ:複数のUnifyingレシーバーを使いこなせ

Unifying対応のキーボードやマウスを購入するとUnifyingレシーバーが増えていきます。

今回のようにマルチデバイス対応マウスやキーボードの場合には、テプラ等でわかりやすく番号を書いて上手く有効活用すると良いでしょう。

 

 

デバック用: FB:0 TW:1 Po:3 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加