Amazon 発送されないトラブルを解決する方法

2019年10月12日深夜から13日の未明にかけて台風19号の影響により長野にて甚大が被害が発生しました。

私の身内も長野市長沼だったため、車が全て廃車(おそらく)。1階が浸水しました。

微力ながら、ボランティア作業をしたりしています。

そんな中でこの内容は適さないのかもしれませんが、備忘録もかねて記載します。

10月11日のあさに購入

通常なら、長野市だと翌日には到着します。今回は事前に台風を事前に予想したのか到着予定日が1日遅かったです。

10月14日の状態、発送トラブルがあると放置になる

PCまなぶ調査によると

発送出来ないトラブルがあると、普通なら再送を試みるハズですが、私の経験だと放置です。

ここで以下のことが実施されています。

注文があると、以下の商品が別の人に送られているのです。

よって在庫がなくなり、入庫がないと永遠に以下のまま放置です。在庫がある場合は、次のチャレンジが可能です。

 

再発送を依頼できる

「配送方法を変更する」をクリックします。再発送の手続きがされます。

送るべき製品は、他の人に送付されたため在庫がある時のみ変更が可能です。

 

「当日お急ぎ便」は、当日に到着するサービスです。時間によって可否があります。お急ぎ便は翌日に届くサービスのようです。

「確定」を押します。

 

在庫があった場合。

ただし、配送トラブルがあると、繰り返しになります。

クロネコの場合は、長野市への送付が17日の定時まで出来ない状態でした。やっと昨晩からクール便を除いて発送ができるようになりました。

クロネコ経由だと、約1週間ほど発送が滞りました。日本郵便と佐川は、問題なく送ることが可能でした。

 

在庫がない場合

入荷するまで、待つことになります。もし、入荷がなければ自動的にキャンセルになります。

キャンセルになった場合は、注文の欄ごと無くなります。

まとめ:配送トラブルがあった場合の対応

少なくともAmazonはクロネコで送れない場合に日本郵便・佐川への変更は実施していません。

クロネコが送付できるようになったら手動で、配送方法を変更して対応することになります。

デバック用: FB:0 TW:1 Po:1 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です