OS

ウィルス対策ソフトの契約更新はしない方がお得

動画版を作りました。

見覚えのないカード請求があった

この動画をつくるきっかけは、見覚えのないカード請求があったためです。

「ノートンストア.jp」から10,978円の請求です。

自動更新はしていないつもりだし、クレジットカード情報を入力した記憶もありません。ビビリました。

ノートンの自動更新は60日以内であれば返金できる

チャットサポートで不正な請求でないことを確認し、来年度の自動更新を止めるだけのつもりが、返金処理までしてくれました。

2020年8月18日の請求でした。予期せぬ請求に気が付いたのが9月13日です。

勝手に請求されたのは、1年間3台で10,978円です。

Amazonで買うと、6,030円です。

もし、3年間 3台 12,100円版を買うと、1年あたり4033円とさらに安くできます。

さらに以下の案内が届きました

3年間版が選択できるようになったので割安に見えますが、実は高いです。

 

なぜかAmazonで買えば、7,590円も安いです。

3大セキュリティソフトについて

1年版の2倍の料金で3年間使うことができます。悩ましい価格設定ですね!

ノートン 360 デラックス セキュリティソフト(最新)3年3台版

12,100円(税込)

 

ESET インターネット セキュリティ(最新) 3年5台

6,800円(税込)

 

カスペルスキー セキュリティ (最新版) 3年 5台版

6,800円(税込)

 

(番外)ウイルスバスター クラウド(最新版) 3年 3台版

12,345円(税込)

~ 2019年1月20日の記事~

市販のウィルス対策ソフトの更新時期が近づくと、更新の勧誘が凄まじくなります。

節約したい方は、素直に契約を更新してはいけません。

「今すぐ更新」をクリックして料金を確認してみましょう。

 

なぜか更新にかかる料金は、凄まじく高いです。

3年間で11,800円です。3台までインストールできる契約です。

 

私が購入したのは、1年半を3台まで使える契約です。5,136円でした。

詳しくは、『本日まで超お得!ウィルス対策の4パータン』を参照ください。

 

購入したソフト(ご参考)

20%OFFクーポンがありますね!

 

市販のウィルス対策ソフトは不要かも

ちょとした利用なら、Windows標準のウィルス対策ソフトで十分。

Windows 10 には標準でウィルス対策ソフトが入っています。

「Windows Defender」と言うソフトです。

ちなみにWindows 8.1も同様。Windows 7は、「Microsoft Security Essentials」を手動でインストールすることで可能です。

市販のウィルス対策ソフトのみの対応

私のように高いセキュリティを望む場合は、市販ソフトということにになります。

  • ウィルスの検出率・駆除率
  • 迷惑メールやWebサイトの広告ブロックなどの機能
  • Windows Defenderよりも強力なネットワークファイアウォール機能

持論:2大ウィルス対策ソフト以外ならWindows標準の対策ソフトがマシ

客先で使っていた「ZEROウイルスセキュリティ - セキュリティソフト」は、最悪でした。

本来動くべきソフトウェアが動かなくなったり、原因の特定が困難なトラブルが発生したり苦労しました。

よって、「ウィルスバスター」or「ノートン セキュリティ」以外を使うよりも、「Windows Defender」を使った方が安心です。

まとめ:工夫したことにより43%の価格で買えた

今回の事例では、メーカーの言われるがまま更新すると、3年間で11,800円でした。

自分で工夫すると、1年半で5,136円です。87%の価格で購入できたことになります。

ウィルス対策ソフトは、3年版を購入すると、2年間の料金で3年間使うことができます。目安として覚えておきましょう。

関連URL

本日まで超お得!ウィルス対策の4パータン

-OS
-

© 2020 PCまなぶ