Bandicutで動画を無劣化でカットや結合をする

業務上、パソコンの操作などの動画をキャプチャーします。

また、趣味でもスキーをビデオ撮影してお客様に配ったりしています。

 

Bandicutは、3,240円と地味に安く使いやすいことから私も愛用しています。2018年2月13日からデザインが一新して多機能化しています。私が慣れていないせいか前より使いにくく感じます。(汗)

動画をキャプチャー・撮影した時の「あるある」は、余分な動画を前後に入ってしまうことです。

今回は、Bandicutを使用して前後の余分な動画を削除しましょう。

私が使用しているキャプチャー機器

ちなみに業務で動画をキャプチャーするときに使うハードとソフトは、以下の通りです。

ハードウェア:『【レビュー】4K キャプチャーボードAVerMedia Live Gamer 4K GC573

ソフトウェア:『上記付属ソフト AVerMedia RECentral Ver4』

私がスキーで使用しているビデオ機器

スマホで撮影する方も増えています。しかし、スキー撮影にはズームがかかせません。工学40倍にはかなわない。

22,674円 耐衝撃 耐低温 バッテリーは5時間 296gと軽量

最新モデルなら割高ですが水洗いもできます。一つ型落ちがオススメです。

インストール方法

https://www.bandicam.com/bandicut-video-cutter/jp/』をクリックします。

「Bandicut - 画質劣化のない高速動画カットソフト」の「ダウンロード」をクリックします。

 

もう一度、「Bandicutダウンロード」をクリックしインストールします。

操作方法

インストールは、一瞬で終わりました。カットも結合も操作は、統一されています。

「カット」を押しましょう。

 

ファイルを選択します。

切り取りたい部分だけドラックし、スタートを押すだけです。

 

上の例では、前後を削除しましたが、中を切り取りたい場合は「+区間追加」を押します。

同様の操作を繰り返し、それぞれ再生する部分を決めます。

[▶]を押すと、出力結果の確認ができます。

 

結合も操作は、同じです。「結合」をクリックします。

 

結合したい画像を選択します。

 

スタートボタンを押すだけです。

まとめ:購入の価値あり

Bandicamと同様に、直感的な操作で動作も安定しています。

関連URL

【ソフトウェア編】BandicamでHDMIキャプチャーを極める!

 

【レビュー】4K キャプチャーボードAVerMedia Live Gamer 4K GC573

デバック用: FB:0 TW:2 Po:3 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 2  このエントリーをはてなブックマークに追加